製品・サービス Products

自動運転トラック RoboCar EV Truck

- 搬送業務の省人化・省力化、また、トラックのEV化による脱炭素化への対応に -

概要

【背景】
ZMPは、2014年より公道での自動運転を開始、交通量の多い都心部での自動運転タクシーサービスなどで技術・サービスの実証を進めるととともに、空港やテストコース等の私有地において無人自動運転実用化を進めています。
これまでミニバンタイプのRoboCar MiniVan、SUVタイプのRoboCar SUV、11人乗り小型EVバスRoboCar Mini EV Busを展開してきましたがこの度、積載量2トンの中型EVトラックをベースとした自動運転トラック「RoboCar EV Truck」がラインナップに加わりました。

・全長 6m 、積載量 2 トンの EV トラック 
RoboCar EV Truckは、全長約6m、積載量2トンの自動運転電気自動車(EV)トラックです。

・自動運転コンピュータ「 IZAC 」及び各種センサーを搭載し自動走行が可能
ZMPが構内での自動運転を実現するためのセンサー及び自動運転コンピュータ「IZAC」を搭載し自動運転EVトラックトラックとして提供致します。構内搬送トラックはディーゼル車・ガソリン車が主流ですが、本車両はEVであるため、脱炭素化に貢献が可能であり、自動運転機能により搬送業務の省人化、効率化が可能となります。

・チャデモ対応。 1 回の充電で約 225km 走行可能。

用途例

・工場・プラント
 広い敷地内・構内における資材・荷物の自動搬送

・物流施設
 建屋間の自動搬送

・空港・港湾
 エリア内の荷物の自動搬送

・スーパーシティ、スマートシティ
 エリア内の新たな物流ソリューションとして

主な仕様(予定)

項目 仕様
サイズ(全長×全幅×全高) 5,995mm × 2,098mm × 2,645mm

積載重量

2t
車両重量 2,730kg
車両総重量 4,775kg
最高速度 100km/h(手動運転時)
航続距離 225km(使用条件による)
バッテリー リチウムイオン
充電時間 2時間(急速時)
※RoboCar EV Truck のベース車両は、株式会社 EV モーターズ・ジャパン製となります。
※仕様は開発中のものであり、予告なく変更する可能性があります。

カタログダウンロード

製品のお問い合わせはこちら

関連製品・サービス

スーパーシティ・スマートシティ向けモビリティサービス
「スーパーシティ・スマートシティ」構想向けのモビリティサービス

自動運転車両プラットフォーム
 RoboCarシリーズ
ミニバンやSUV、小型電動バスなどの様々な自動運転車両をラインナップ

RoboSense
3D-LiDARシリーズ
レーザー光を用いて距離のセンシングと三次元のイメージングする

ステレオカメラ
 Robovisionシリーズ
測距や物体検出ソフトに対応した超高感度ステレオカメラシステム

TOPへ