製品・サービス Products

【新型コロナウイルス対策ロボット紹介】
消毒液散布機能搭載 自動運転車両RoboCar Mini EV Bus

ZMPは新型コロナウイルス対策ロボットとしてRoboCar® Mini EV Busで自動運転での人員輸送サービスを支援すると共に、走行終了時など決められた時間に、乗客の手が触れる手すりや座席、および床や壁面に消毒液を自動噴霧するオプション機能を提供し、人の移動における安心・安全を提供いたします。

消毒液散布機能搭載 自動運転車両RoboCar Mini EV Busについて

自動運転車両RoboCar Mini EV Bus 外観
昨今の国内情勢を受け、空港や商業施設などではなるべく人を介在しないサービスの提供や、都度空間の消毒を行うことが求められています。
一方で消毒作業については作業者不足や作業者による二次感染の可能性など、人手による作業には課題やリスクが存在します。

その問題を解決するため、ZMPではRoboCar® Mini EV Busで自動運転での人員輸送サービスを支援すると共に、走行終了時など決められた時間に、乗客の手が触れる手すりや座席、および床や壁面に消毒液を自動噴霧する機能を追加したモデルを提供します。

自動運転車両RoboCar Mini EV Busについて

RoboCar® Mini EV Busは、中国ANFUI ANKAI AUTOMOBILE社製の小型EVバスをベースにユーザーが外部装置(PCや専用装置)より制御信号を入れることで制御ができるようにZMPの制御装置を組み込んだ自動運転用の車両装置です。ZMPが開発する自動運転コンピューターIZAC®を搭載し、人員輸送や荷物輸送の無人化にむけたサービスの構築に活用いただけます。
ベース車両
自動運転走行中の経路予測

自動運転車両RoboCar Mini EV Bus

クラウドサービスROBO-HI(ロボハイ)連携について

RoboCar® Mini EV BusとROBO-HI®(ロボハイ)の連携イメージ

RoboCar Mini EV BusはクラウドシステムROBO-HI(ロボハイ)と連携しており、遠隔に設置したROBO-HIステーションから走行のスケジューリングや車両の監視、ドア開閉などの指示を与えることが可能です。本消毒液散布機能も、ROBO-HIを通して散布指示やスケジューリング時に自動散布設定が行えるようになります。

自動運転バス 走行動画イメージ

ここでは、自動運転車両RoboCar Mini EV Busを中部国際空港内の利用者の自動搬送を想定した走行試験の動画を紹介しています。

Web導入相談のご案内

現在ZMPでは、昨今の状況を踏まえまして、導入を検討するにあたりWEB会議の中を通じたサービスを実施しております。
また、ZMPのオフィスには製品の実機もございますのでご希望に応じて実機の確認なども可能です。

導入につきましてご検討の方は下記よりご連絡をいただければと思います。

Web相談サービス 申込フォーム

TOPへ
03-5844-6210