製品・サービス Products

物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)AD 自律移動モデル 特集ページ

 物流支援ロボット CarriRo(キャリロ)は「搬送作業をより楽しく、快適に」することをコンセプトに、2016年8月より国内で出荷を開始している製品です。
 ジョイスティックによる操作ができるドライブモードおよびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモードを有した台車型物流支援ロボットです。

現在、70社以上の拠点に導入し、工場、倉庫、ホテル・旅館・空港での活用が進んでおります。

物流支援ロボットCarriRoの説明については下記動画をご覧いただければと思います。

製品の詳細については製品紹介ページをご覧ください。

 物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)

https://www.zmp.co.jp/carriro/

今回、そのCarriRoに2018年11月より自律移動の機能が搭載されたCarriRo AD(自律移動モデル)が出荷を開始しますので、そのご紹介をさせて頂きます。

今市場に出ているAGV、自動搬送ロボットでのご検討の悩み

現在市場に出ているAGVや自動搬送ロボットは大きく分けるとライン式AGV、又はSLAM式の自律搬送機に分かれます。

ライン式AGVは工場では幅広く導入が進んでおり、一般的に磁気テープで軌道を直接引くために走行も安定していますし、最近では価格も手ごろなものが出てきています。一方で搬送ルートを全てラインで設定するのは、非常に手間もコストも掛かり、何より搬送ルートが固定されてしまうために、都度搬送ルートを変えたい場合など柔軟な対応が難しいというのが課題として挙げられます。

一方、SLAM式の自律搬送機は、レーザーセンサを使って環境をマッピングし、ルートを覚えこませる作業(ティーチング)を行えばルート設定が可能になるので、柔軟な運用には向いています。

しかし、そのティーチング作業に半日程度要する場合や、商品や棚の位置など外部の環境変化が生じた際に、それが自己位置推計に影響を及ぼし、誤差の原因になってしまうことや、途中で止まってしまうということが見られるケースがあります。またレーザーセンサ自体が比較的高価なものであるため、製品価格も一般的に高価格になってしまい採算確保が難しくなってしまうという課題もあります。

物流支援ロボットCarriRo AD(自律移動モデル)の特徴

CarriRo ADはZMPの自動運転事業で培った画像認識技術を応用し、CarriRo Visual Tracking(特許出願中)という方式で自律移動を実現しています。
走行通路にランドマークというシールのようなものを貼り、CarriRo ADがその上を走行すると、画像認識によって位置補正と走行指示情報を同時に受け取ります。それを繰り返すことによってゴールまで確実に到達するという仕組みです。
自律移動モードの仕組み

また、ランドマークの仕組みにも特徴があり、2パターンのランドマークのタイプを用意しています。

固定タイプのランドマークは直進や右左折、Uターンなどの走行指示が予め固定されているタイプのもので、走行ルートが決まっているようなところはこの固定タイプのランドマークを使用することでシンプルにご使用できます。

一方、都度走行ルートや走行指示を変更したいポイントには可変タイプのランドマークを貼ることによって、タブレットで自由に変更することができるようになります
ランドマーク例

例えば、以下のようにCarriRo ADにアクションをとらせたいポイントをA~Iでそれぞれ可変ランドマークを予め貼っておき、タブレット上で走行ルートパターンを設定しておけば、後は走行する際に該当するルートパターンをタブレット上で選択するだけで柔軟な搬送ルートでご使用いただけます。
可変ランドマークの活用方法

追従型モデル(CarriRo FD)も併用してリーズナブルに導入

また物流支援ロボットCarriRoのこれまでの2018年モデル(追従機能)も自律移動モデル販売開始後も並行して販売いたします。

そのため自律移動モデルを先頭に2018年モデル(追従機能)を後続にして3台での無人隊列搬送も可能になります。そのような導入をすることによって全て自律移動モデルで導入するよりも大幅にリーズナブルな導入が可能となります。

【5年リース時の価格】
 CarriRo FD 2018年モデル(追従機能):月額28,000円(税抜)
 CarriRo AD 自律移動モデル:月額52,000円(税抜)


また、今後テスト導入を行い運用検証をご希望されるお客様向けにエントリーパッケージとして
2018年モデル(追従機能)2台と自律移動モデル1台の計3台のセットをパッケージ価格として月額10万円(税別)にてご提供しております。

物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)AD 自律移動モード 導入事例動画

物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)の自律移動モード 導入事例動画です。
生産現場で実際に活用されているイメージをご確認いただければと思います。
CarriRo (キャリロ)AD「自律移動モデル」倉庫での活用事例

まとめ

このようにCarriRoは倉庫・工場内の自動搬送を促進するために以下の4つの特徴を持たせたCarriRo AD(自律移動モデル)をリリースします。


導入に際しましては、製品説明・デモンストレーションなど対応いたしますので
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

価格

5年リース
追従モデル:月額28,000円 / 1台
自律移動モデル:月額52,000円 / 1台

お電話でお問い合わせ

tel 03-5844-6211          fax 03-5802-6908

メールでお問い合わせ

物流に貢献する ZMP製ロボット関連製品

新しい物流方式を検討いただける台車型のロボットや一人乗り電気自動車型ロボットカー、宅配ロボットCarriRo Deli(キャリロデリ)など物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)以外にも用途に応じて選択いただけるロボット製品を下記にてご紹介いたします。
POWER WHEEL Ⅱ
POWER WHEEL II
研究開発用移動台車プラットフォーム
 
RoboCar MV 2
一人乗り電気自動車ベース 自動運転開発プラットフォーム
CarriRo Deli(キャリロデリ)
あらゆるものを自動で運ぶ。自律走行機能搭載した宅配ロボット
TOPへ