RoboMap®(ロボマップ)、ロボット用自動運転地図のインフラ構築を全国に推進

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、この度、ロボット用でポータブルに自動運転用のマップを作成するシステム「RoboMap®(ロボマップ)」を発表いたしました。

運転免許証を返納した高齢者への新たな移動手段の提供、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大に伴う非接触のサービスへのニーズから、ロボットの早期社会実装が求められています。このようなニーズに対し、ZMPでは生活圏で働くライフロボットとして、自動走行を行う一人乗りロボ「RakuRo™(ラクロ)」、無人宅配ロボ「DeliRo™(デリロ)」、無人警備・消毒ロボ「PATORO™(パトロ)」を開発・販売しております。

自動走行ロボットは、ロボットに搭載されているセンサーから得られた情報と、自動運転マップの情報を照合させることで、自分の現在の位置を把握しながら走行を行います。走行エリア全域について最初に自動運転マップを作成する必要があり、また、ルート上の構造物に大きな変化があった場合やルートの追加の際にはその都度地図情報の更新が必要となるため、短期間で地図を作成するシステムが非常に重要となります。

RoboMapは、公道(歩道)や施設・フロア、エレベーター内を走行するロボットに特化した、ポータブルな自動運転マップシステムです。専用バックパックと専用ソフトウェア、クラウドシステムROBO-HI® MAP(ロボハイ マップ)から構成され、小型軽量のバックパックには、周囲環境を点群データとして取得する3DLiDAR、画像を取得するカメラ、慣性センサー、そして専用ソフトウェアが実装されたコンピューターが搭載されています。地図作成者は背中にバックパックを背負い、スマホでスタートボタンを押すだけで地図データの取得が可能となります。また、上部センサー部を取り外し手に持って移動させることで、狭いスペースや低い場所のデータ取得も可能です。歩く速度でデータの収集が可能ですので、1kmのルートであれば、15分程度で取得が可能です。

ZMPは、自動車用自動運転マップと同様に、歩きながら作成可能なロボット用自動運転マップを自社で保有しています。ZMPは、将来重要なインフラとなるロボット用自動運転マップとその上で働くライフロボット(一人乗りロボ「ラクロ」、無人宅配ロボ「デリロ」、無人警備・消毒ロボ「パトロ」)の普及に努めて参ります。

【ロボット用自動運転マップシステムRoboMap】
https://www.zmp.co.jp/ad-tech/robomap


RoboMapを利用し歩道を歩いて取得したZMPオフィス周辺マップ



【ZMPのライフロボット】

無人宅配ロボ「デリロ」:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/deliro
一人乗りロボ「ラクロ」:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro
無人警備・消毒ロボ「パトロ」:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/patoro​​​​​​​


【ZMP World 2020 - Robot Life - 】
-私たちの生活に『ロボット』がいる世界を目指して-
ZMP World 2020:8月18日(火)~8 月20 日(木) 10:00~18:00
ZMP World 2020 デモウィーク:8月21日(金)~8 月28 日(金)
参加費:無料
特設ウェブサイト:https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます


【高画質画像】
RoboMap
RoboMapを利用し歩道を歩いて取得したZMPオフィス周辺マップ
RoboMap使用イメージ

8月18日~28日!ZMP World 2020予約受付中【参加費無料】

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ