イベント・展示会情報 Events

物流ロボCarriRo®「国際物流総合展2020- INNOVATION EXPO」に出展

-2月19~21日、国際物流総合展2020- INNOVATION EXPO -にて最新AGV、無人フォーク展示-

現在150社以上の企業へ導入される物流支援ロボットCarriRoが国際物流総合展2020へ出展いたします。
今回、世界初の発表として、製品ラインアップを充実させている物流ロボットCarriRo®シリーズを今後物流無人化ソリューションの発表を行います。

物流無人化ソリューションは国内全域に本格展開を進め、その一環として、2020年2月19日(水)から21日(金)まで東京ビッグサイト・西1・2ホールにて開催される「国際物流総合展2020- INNOVATION EXPO -」にて、パレット搬送を完全無人で実現できる製品、無人フォークリフトCarriRo® Fork、物流支援ロボットCarriRo®AD+(自律移動モデル重量版)パレットタイプを出展します。

各デモンストレーションの時間帯では、2月13日付でリリースしたCarriRo® Forkの新型リーチタイプのご紹介もいたします。

展示会 概要

【展示会情報】国際物流総合展2020- INNOVATION EXPO -
 開催日程:2020年2月19日(水)~21日(金)10:00~17:00
 会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール 
 ブースNo: 1V-28
  公式サイト:https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2020/index.html
  ※公式サイトからの来場事前登録で入場料無料。


   会期中、CarriRo® ForkとCarriRo® AD+の連携デモンストレーションを実施いたします。
   各日開催時間: ①11:00~ ②13:00~ ③14:00~ ④15:00~ ⑤16:00~

展示製品のご紹介

物流支援ロボットCarriRo® AD+(エーディープラス)
物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界及び製造業において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化のニーズにおこたえする製品として展開しております。現在販売開始から累計150以上の企業に導入されており、物流倉庫や工場を始めとして、ホテルや駅・空港などのサービス業界へと様々な分野に導入が広がっております。CarriRo AD+は最大可搬重量800kg新モデルで台車タイプとパレット搬送タイプがございます。会期中には、パレット搬送タイプのデモ展示を行う予定です。

無人フォークリフト CarriRo® Fork

無人フォークリフトCarriRo® Forkは、自動運転技術を活用したレーザー誘導方式で自律移動とフォーク(上下)の自動制御により、物流倉庫や工場内の搬送作業の無人化を実現できる製品です。簡単なセットアップで作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現できることが特徴で、喫緊の課題となっている労働力不足を軽減して産業の発展に貢献します。また、各デモンストレーションの時間帯では、2月14日付でリリースしたCarriRo® Forkの新型リーチタイプのご紹介もいたします。

CarriRo®のパートナーブースのご紹介

①株式会社サトー様
 会場:西1ホール 1D-33 サトーブース内VisualWarehouse導入事例コーナー
 概要:CarriRo® ADとVisualWarehouse(倉庫内最短経路ナビゲーションシステム)との連携ソリューションのデモ展示。自動車パーツの格納作業現場に導入した事例を展示

②東芝ロジスティクス株式会社様
 会場:西2ホール 小間番号:2G-37 東芝グループブース内搬送ソリューションコーナー
 概要:CarriRo®が専用の牽引アタッチメントを用いて、格納するパーツを人に追従しながら運ぶ運用イメージで展示

お問い合わせ

上記展示会の情報については、下記フォームよりお問い合わせいただければと思います。
TOPへ