自動運転・ADASを知る

自動運転レベル(Autonomous Driving level)の自動運転レベル0について

自動運転レベル(Autonomous Driving level)の自動運転レベル0についてここでは解説しています。

自動運転レベル0におけるドライバーと車両との関係、また現状対応している車両モデルなどの詳細について説明をしています。

なお、自動運転レベルはSAE(Society of Automotive Engineers)や日本語参考訳である JASO TP 180043 (2018 年 2 月)の定義によるレベル分けを基にご説明しています。

自動運転レベル0とは

運転自動化がない状態のことを指します。全ての運転操作はドライバーが行うという状態です。

但し、ADAS技術の一部であるABS(アンチロック・ブレーキシステム)、死角検知、レーンキーピング機能などの運転支援機能はこの自動運転レベル0の範囲の技術となります。

自動運転レベル0走行時にドライバーに求められること

ドライバーが全ての主制御系統の操作を行います。従来通りドライバーが運転をするという状態です。

これは従来のドライバーの運転操作である、加減速やステアリングを含めたすべての操作を行います。

現在のADAS技術のABS(アンチロック・ブレーキシステム)、前車走行通知、死角検知やソナーセンサーによる衝突回避通知などはレベル0の技術ですが、共通する特徴としてシステムは運転操作に介入しない点が挙げられます。

ABSはブレーキを急に踏んだ際にタイヤがロックするのを防ぐためにブレーキ踏力を調整する機能でブレーキの操作をコンピューターがしているというような気もしますが、ドライバーの操作が主であることを考えると自動運転の範疇に入らないのかもしれません。

自動運転レベル0にはどのような特徴があるか?

自動運転レベル0の機能の特徴として、危険を知らせるアラート機能や瞬間的なアシストに限られた機能に限定されている特徴があります。操作系への介入がないところが特徴として挙げられます。

自動運転レベル0機能例

自動運転レベル0の機能例として、
・ABS(アンチロック・ブレーキシステム)
・後方死角検知機能
・レーン逸脱警報機能

などが挙げられます。

自動運連レベル0対応車両

対応車両と書きましたが、現在は自動ブレーキ機能など搭載している車両が多く販売されているため、新車ではなく中古車両などで探す必要がありそうです。


自動運転レベル1について調べる

また、自動運転レベル1の詳細については下記をご覧いただければと思います。
TOPへ