8月1日、日経MJ1面「卸の倉庫から人が消える日」にCariRoが掲載されました。



衝撃的なタイトルとともに 「赤い台車」 物流支援ロボットCarriRoが、先日開催されたZMPフォーラムのデモ会場での写真とともに紹介されています。


『食品卸/自動運転「薄利」運ぶ』として、大手食品卸会社様の物流センターでの活用案が掲載されていますので、お手元にございましたらぜひご一読ください。


記事にもありますが、先方は「機械にできる業務は置き換える。仕事をしやすい環境を整え、従業員は長く働いて熟練度を高めてほしい」として、導入を決めておられます。


取材の際には、先方が5年後、10年後を見据えて「今」何をすべきかと熱く語られていたのが印象的でした。


物流支援ロボットCarriRo

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ