ステレオカメラRoboVision2s物体検出パッケージ販売開始

物体検出時の距離精度が大幅に向上

ステレオカメラRoboVision2s物体検出パッケージ販売開始

-物体の(大きさ・位置)、点群情報出力。自動運転・自律ロボットのセンシングに—

 

       


                     RoboVision2s                                   RoboVision2sカメラ部
                                                                        (レンズ・光学フィルタ改良)
 

 

車両搭載時

株式会社式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、本日、物体検出時の距離精度が大幅に向上したステレオカメラシステム「ZMP RoboVision2s 物体検出パッケージ」の販売を開始いたしました。

 本製品は、ステレオカメラでの視差画像から算出した距離情報に加え、前方に存在する信号機や標識などステレオカメラの前方の物体検出を行う検出エリアの幅、奥行き、高さを指定した検出が行えます。

また、検出する物体の幅と高さを指定することでお客様が検出したい対象物に絞った物体検出を行えます。すべての画像領域を対象とするのではなく、物体の存在する画像領域を指定して画像認識などの後処理を行うことでより効率的な処理を行うことが可能です。

 

 

また、検出した物体の大きさ(幅、高さ、奥行き)、物体のカメラからの位置座標に加え、検出した物体の点群情報も出力することができ、画像情報と点群情報を組み合わせた開発も可能です。

本製品は、自動車のADAS・自動運転技術開発や移動ロボット開発など、ステレオカメラ画像による周辺環境認識を利用したシステムの研究開発へご活用頂くことができます。

価格は、RoboVision 2s本体・処理PC・物体検出ソフトウェアのセットで 180 万円(税別)、すでに RoboVision 2s をお持ちの方向けには物体検出ソフトウェアのみで 50 万円で本日より出荷いたします。

 

【製品紹介RoboVision2s】
http://www.zmp.co.jp/products/robovision2s

【価格】
RoboVision 2s 物体検出パッケージ 180 万円(税別) 
(RoboVision 2s、物体検出オプション、PC のセット)

 

【主な仕様】ステレオカメラユニット RoboVision 2s

カメラモジュール

イメージセンサ ンサ ソニー製1/3型有効127万画素
CMOSイメージセンサ IMX224×2
解像度 280×960ピクセル(30fps)、640×480ピクセル(120fps)
水平画角 45°
インタフェース USB3.0
基線長 210mm
機能  同期、ひずみ補正、ステレオ平行化、ワイドダイナミックレンジ、など


ソフトウェア開発環境(SDK)

ライブラリ  カメラI/F、視差画像生成
アプリケーション RAW出力、ひずみ補正結果出力、視差画像出力*
動作環境 Linux/Windows8.1

※製品イメージ、仕様は開発中のものであり、予告なく変更される場合があります。
*解像度・フレームレートはPCのスペックに依存します。

 

プレスリリース記事
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

TOPへ
TOPへ

この内容で送信します。よろしいですか?