ZMP、韓国ティーイーエス社の移乗アシストロボットの 日本でのテスト販売を開始

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、本日、韓国ティーイーエス社の移乗アシストロボットRobin-Tの日本でのテスト販売を開始いたします。

本製品は、韓国のロボットメーカーティーイーエス社による製品で、車椅子などを必要とする方に対して車椅子からベッド、または車椅子からトイレへの移乗のアシスト機能を備えた製品です。病院や介護施設、ご家庭において車椅子を必要とする方とその介助者の作業負担を軽減します。本製品は病院や介護施設、住居への機器据え付けの土台設置工事を必要とせず、機器導入後すぐに利用することが可能です。

製品紹介ホームページをご覧頂き、製品導入のご検討いただければと思います。

移乗ロボット Robin-T(ロビンティー)製品紹介ページ

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

MaaS 向け
自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Delivery
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供します

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ