走行データ取得ソリューション「RoboTest®」の新サービス ロボ・データ・プラットフォームを発表

-データ解析や後処理を効率化する環境やアプリケーションを提供-
-専用サイトよりベータ版無償ライセンス登録を開始-



      ZMPの基本アプリケーションサービスの例(ビジュアライズサービス) 


RDPのサービスシステムイメージ(複数サービスを組合せたアウトプットを得られる)

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、車両に関連する開発で必要となる走行中のデータ収集などで活用されている、データ取得ソリューショ「RoboTest®」を提供して参りましたが、収集したデータやお客様の保有データへのタグ付け・分析や解析作業を総合的にサポートする新しいプラットフォームサービス「ロボ・データ・プラットフォーム(以下「RDP」))を発表します。

本サービスは、ZMPが提供している走行データ取得ソリューションRoboTest®の新しいメニューとして開発されました。本プラットフォームでは、データを解析するためZMPが提供する基本アプリケーションの他、ユーザ自身がアプリケーションを登録し、それら複数アプリケーションを連携してアウトプットを得ることができます。

ZMPが提供する基本アプリケーションは、映像や車両操作データ、GPS、IMUといった走行時のデータを同時に表示するようなビジュアライズアプリ(左図)、車両の操作状態から自動で直進・右左折などのシーン分けを行うアプリ、さらに映像へ自動でラベル付けなどのアノテーションをするアプリなど、取得したデータを効果的に活用するためのアプリケーション群を提供します。

ユーザーは基本アプリケーションに加え、RDP上で提供されるAPIを利用してユーザ独自の分析アルゴリズムを実装したアプリケーションを登録し、ZMPの提供する基本アプリケーションとユーザアプリケーションを組み合わせたり、アプリケーション間で処理後のデータを受け渡していくことができます(右図)。これによりユーザーは、目的に応じて保有するデータを効率的に処理・分析するツールとして利用することができます。昨今の自動車のADAS開発や自動運転技術の開発においては、様々なセンサーからの膨大なデータの解析や分析が必要となっており、そのデータ処理や分析のツールが求められています。RDPは、タグ付けなど収集したデータを分析・解析するための様々なアプリケーションを利用できるプラットフォームとなっており、お客様の研究開発の効率化を支援いたします。

本サービスは今秋にベータ版がリリースされ希望に応じて無償で配布され、実際の効果やユーザの具体的な課題などを明確にしたうえで、正式リリースにむけてシステムの改善が行われる予定となっております。本日より専用サイト(https://www.zmp.co.jp/products/robotest/rdp-resist)にて募集を開始します。

【ロボデータプラットフォーム ベータ版無償ライセンス登録フォーム】https://www.zmp.co.jp/products/robotest/rdp-resist

【公道走行データ計測サービスRoboTestⓇについて】
ZMPが提供する、ドライバーによる公道走行データ取得支援サービス「RoboTestⓇ」は、お客様の公道走行に懸かるデータ取得の企画段階からデータ分析までの支援を行うサービスです。数十人規模の走行も迅速に実施が可能なサービスです。


図 公道走行データ取得支援サービスのプロセス

<RoboTestⓇサービスの内容>
①    走行データ取得のコンサルティング
②    データ取得用システムの開発(ハードウェア、ソフトウェア)
③    ドライバーの募集と管理、データ取得の運用マネジメント
④    データ後処理(タグ付け、フォーマット変換等お客様要求仕様にあわせて)
⑤    取得データの分析と報告


写真 走行データ取得用センサー車両(乗用車)の例

実車実験走行サービス RoboTest®(ロボテスト)
http://www.zmp.co.jp/products/robotest

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

TOPへ
TOPへ