ZMP World 2019で7月25日記者発表 韓国T-ROBOTICS社と合弁会社(株)ANROを韓国に設立

-ZMPグローバル展開の一環として、韓国事業を本格立ち上げ-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、韓国でロボット事業を行っているT-ROBOTICS CO., LTD.(以下、「T-ROBOTICS」)と、韓国での事業展開を目指して合弁会社 株式会社ANRO(以下、「ANRO」)を設立しました。

ZMPのミッション「ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」は、日本だけにとどまらずグローバルで求められており、ZMPは今後事業をグローバルに展開していきます。その中で韓国は2019年をピークに人口減少に転じ、また高齢者の割合も増えていく中、労働力不足という状況に直面しています。

その韓国での事業展開を目指し、ANROはまずはZMPの物流支援ロボットCarriRo®の韓国での販売・保守から事業を開始します。さらに宅配ロボットCarriRo® Deliをはじめとする、さらなるZMPの商品・サービスの韓国市場への展開も行っていきます。また将来的にはT-ROBOTICS・ZMPによる新商品の共同開発も検討していきます。

本合弁会社は、真空搬送ロボットを中心に、事業経験が豊富なT-ROBOTICSとパートナーを組むことにより、韓国でのこのミッションの実現に向けて取り組んでいきます。

T-ROBOTICSは2004年に設立され、特に大型の真空搬送ロボット技術では韓国唯一の会社であり、グローバルに事業を展開しています。ANRO設立について、T-ROBOTICS CEO Seung-Wook Ahn氏は、次のように述べています。「ZMPのビジョンと事業戦略に深く共感し、CarriRo、CarriRo Deli及び他の製品やソリューションの驚くべき成果は、韓国内の多様な物流・製造現場にも十分に適用できると確信します。また、T-ROBOTICSとZMPの合弁会社ANROは、韓国内でグローバル企業ZMPの製品販売とその信頼性維持を行い、また将来的にはZMPとの新製品共同開発にも取り組めるように努力します。」

なおANRO設立については、2019年7月23日から7月26日に開催するZMP World 2019の中で、T-ROBOTICS CEO Seung-Wook Ahn氏と共同記者発表を行います。

Day3: 7月25日 (木) 記者発表
・10時10分~10時30分 ZMPのグローバル展開 韓国との合弁会社設立
T-ROBOTICS CO., LTD. CEO Seung-Wook Ahn氏
(株)ZMP 代表取締役社長 谷口 恒

【お申し込み方法】


以下の予約申し込みページよりお申込みをお願いします。
参加お申し込みページ:https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019/yoyaku
※競合製品をお取り扱いされている場合など、お断りさせて頂く場合があります。
予めご了承ください。

【ZMP World 2019開催概要】 

テーマ:『R&Dから量産化へ -ZMPが起こすロボリューション-』
開催日時:2019年7月23日 (火)~26日 (金) 10:00~18:00
会場:ベルサール飯田橋ファースト (東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワー)
参加費:無料(懇親会は有料となります)
特設ページ:https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ