移動のパートナーRobocar® Walk、東京ケアウィーク2020に出展

-丸の内などの公道を自動運転した実際の機体を展示し、
機能・特徴のご紹介と併せて事業パートナーを募集!-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、2020年2月12日(水)から14日(金)まで東京ビッグサイトにおいて開催される「東京ケアウィーク2020」の「第3回超高齢社会のまちづくり展 -Care CITY-」にて、移動のパートナーとして発表されている自律移動型の一人乗りモビリティRobocar® Walkを出展いたします。

Robocar® Walkは周囲の人に対して笑顔と声によるコミュニケーションを取りながら、自律走行により目的地まで安心で確実な移動を行うことができる最新のモビリティ製品です。福祉施設や空港、さらには商業施設や観光地などにおいて、移動に不自由を抱える方へ新しく楽しい移動の形を提供します。本展示会では、特徴・機能をご紹介するだけでなく、事業パートナーの募集もあわせて行ってまいります。


Robocar® Walk本体

空港ターミナル内での走行イメージ


公道(丸の内)での自動走行の様子


【展示会情報】東京ケアウィーク2020 ~第3回超高齢社会のまちづくり展 Care CITY~
開催日程:2020年2月12日 (水) ~14日 (金) 9:30~17:00
会場:東京ビッグサイト  南1・2ホール  ブース No: 18-17
公式サイト:東京ケアウィーク2020 http://careweek.jp/
第3回超高齢社会のまちづくり展 Care CITY http://carecity.net/
※公式サイトからの来場事前登録で入場料無料。

「まちづくり展示プレゼンコーナー」(会場入り口横)、以下の時間帯で製品紹介のプレゼンテーションを行います。
① 2月12日(水) 15:20~15:35 (15分間)
② 2月14日(金) 15:20~15:35 (15分間)



​​​​​​​​​​​​​【移動のパートナーRobocar® Walkについて】

2017年7月、ZMPは自律移動する宅配ロボットCarriRo Deliを発表し、実用化にむけて実証実験を積み重ねてまいりました。CarriRo Deliで培った低速走行ロボットの技術ベースに、2019年に足腰の不自由な方が乗って自律走行での移動ができるRobocar Walkを発表しました。2020年に空港や福祉施設、観光地などでの実運用にむけて2020年5月に量産出荷を予定しています。なお、Robocar® Walkは、車椅子として分類される製品となります。​​​​​​​

製品Web URL https://www.zmp.co.jp/products/robocar-walk
動画
公道走行(丸の内)の様子 https://youtu.be/6pXae1m648I
空港ターミナル内の活用イメージ https://youtu.be/jK-0j8gWqjQ

【Robocar® Walk価格情報】
月額10万円 (税抜) ~ (本体5年リースの価格)
-買取も提供します。また価格は今後予告なく変更となる可能性があります。
-その他、自動走行用マップの作成や現地セットアップ等の初期費用、および保守費用、管理システム利用料などが別途必要となります。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

『ラクロシェアリングサービス』始まる!無料申し込み受付中!

Robotown

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ