新型コロナウイルス感染症の軽症者宿泊療養施設内 無人物資搬送ソリューションに遠隔監視・操作機能を追加

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は、新型コロナウイルス感染症の軽症者等の宿泊療養施設における物流支援ロボットCarriRo®による物資搬送ソリューションの提供を発表しておりますが、遠隔監視・操作の機能を追加することで、施設内での作業をさらに無人化できるようになりました。

現在、軽症者等の宿泊療養を受け入れる施設では、軽症者向けの弁当配送やゴミの回収など物資搬送業務が発生し、作業にあたる職員の人手不足、二次感染リスクとそれ対する心理的負担など大きな課題に直面している状況であり、当社では4月よりこれらの施設向けに物流支援ロボットCarriRo®による施設内の無人搬送の提供を進めております。

実際の施設内での運用に際し、「職員が感染リスクの高いエリアに極力行かないようにしたい」、「CarriRo®の周囲の状況を遠隔で確認したい」、「万が一CarriRo®が障害物などで停止した状況などで、遠隔で復旧作業を行いたい」などのご要望をもとに、遠隔で監視・操作する機能を追加することで、感染リスクの高いエリアに職員が行かなくても別室などで対応できるようになりました。


新型コロナウィルス軽症者療養施設での物資運搬フローの例

本機能は、物流支援ロボットCarriRo® AD+を遠隔管理クラウドシステムROBO-HI®(ロボハイ)経由で操作できる機能です。CarriRo®のハンドル部に設置したカメラからの画像で、常にCarriRo®の周囲の状況を把握することができ、また画面を見ながらコントローラーを用いての操作や、自律移動モードへの切り替えができる仕組みとなります。


別室からのCarriRo®遠隔操作例

現在のような非常時、社会全体での一致団結した対応が必要な今、ZMPはロボットベンチャーとしてまさに今すべきことを、政府や自治体ほか関係者の皆さまと協力し取り組んでまいります。

【物流支援ロボットCarriRo®について】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計約200ユーザーの導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

製品Web URL https://www.zmp.co.jp/carriro/
製品紹介動画 https://youtu.be/dkfvVXNdaCU

【製品価格】
・ 新型コロナウィルス療養軽症者施設向け特別レンタルプログラム
 CarriRo® AD  月額10万円(税別)/1台       
 CarriRo® AD+(遠隔監視・操作機能搭載モデル)月額15万円(税別)/1台       

※期間は3カ月~1年で設定可能で、価格は変動の可能性があります。
※自律移動用ランドマーク等は別途費用となります。

【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm
最大積載荷重
150kg
牽引力

250N (300kg相当)

※路面状況や台車の状況によります。
充電時間
2時間半
稼働時間
8時間※稼働状況によって異なる可能性があります



【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

【高画質画像】
新型コロナウィルス軽症者療養施設での物資運搬フローの例
別室からのCarriRo®遠隔操作例

8月18日~28日!ZMP World 2020予約受付中【参加費無料】

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ