歩行速モビリティ™「ラクロ®」シェアリングサービスの フランチャイズオーナー募集開始

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、歩く程度の速度で自動運転する一人乗りロボ「RakuRo®(以下、「ラクロ」)」のシェアリング事業運営のフランチャイズオーナー募集を開始いたします。

2020年10月より、東京都中央区佃・月島エリアを中心として、歩行速モビリティ™「ラクロ」のシェアリングサービス事業を展開してまいりました。ラクロは道路交通法上「電動車椅子」に分類され、一般公道(主に歩道)を走行することができることから、集合住宅エリアにラクロステーション(乗り場)を設定し、病院への通院、スーパーへの買い物、役所、図書館、レストランなどの目的地との往復移動に利用したり、隅田川沿いの散歩コースを周遊するなどの活用ができるようになっています。

ラクロシェアリングサービスでは、スマートフォンアプリにより日付・時間、および目的地を予約することで簡単に利用できる仕組みを提供しており、会員費月々1万円の乗り放題※、または10分370円の時間単位での利用ができるようになっており、シニア層から子供まで幅広い年代の方々に日々の楽しみながら移動をする手段として活用されています。


ラクロシェアリング拠点「佃BASE」


ラクロ予約用アプリ


佃でのシェアリングの利用イメージ

ラクロ紹介HP:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro

ZMPでは、今後全国各地でのラクロ活用による地域貢献を推進していくために、佃・月島エリアでシェアリングサービス運営で培った自動運転一人乗りロボの事業運営ノウハウを基に、ラクロを活用した事業運営のフランチャイズオーナーを募集し、これからの新しいモビリティ事業運営サポートを行ってまいります。

事業展開を希望されるオーナーには、ラクロと遠隔モニタリングシステムの提供をはじめとし、ラクロを利用したサービス運用における役所や地域とのコミュニケーションの進め方、日々の運営に必要なオペレーション方法や点検方法、そしてラクロの運行ルート作成など、様々な基本的なサポートを行い、フランチャイズオーナーがさらなる工夫で様々な事業展開を推進することを後押しします。

本フランチャイズ事業は多種多様な事業主を幅広く募集いたします。新たに独立開業したい個人事業主、新規事業による各地でのサービス展開を創出したい法人として、例えばレンタカーやカーシェア事業者、自転車・バイク・自動車販売店、不動産事業者、駐車場やマンション経営者、病院・高齢者施設、コンビニ・スーパー・ショッピングセンター、交通事業者、自治体など幅広く対象とし、各地の地域住民にむけた利便性向上、移動手段提供による活性化を目的とした事業展開をサポートしてまいります。


フランチャイズオーナーの対象(例)

【開業までの流れ】
① 事前相談
② サービスモデルの検討 
③ 加盟申し込み
④ 現地調査と損益モデルの検証
⑤ フランチャイズ契約
⑥ サービス運営の準備(機材設備、マップ、現地テスト等)
⑦ オペレーション研修
⑧ 開業


【フランチャイズ費用】
お問合せください。(加盟料/機材費用/初期セットアップ費用/運営費用等)


​​​​​​​■ラクロ  主な仕様 ※仕様は今後変更される可能性があります。

寸法
長さ118.8cm×幅66.4cm×高さ109.0cm
主な機能

移動機能:自己位置推定による自律移動、障害物回避

コミュニケーション機能:表情・声による周囲とのコミュニケーション

タブレット機能:タッチ操作による行先指定、途中停止、再走行指示
速度
最大6km/h
安全機能

レーザーセンサーやカメラによる障害物認識と自動回避・停止、緊急停止スイッチ

カメラによる遠隔での周囲監視(ロボハイ®)

充電/稼働時間

1時間充電/4時間稼働 (利用環境・頻度等により異なる)

製品ページ:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

ラクロシェアリング 佃・月島エリアでサービス中です!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ