歩行速モビリティ™「ラクロ®」、奈良公園内における 周遊性向上に向けた次世代型移動サービスの実証実験に参画

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、奈良公園において、公園利用者の周遊性向上を目指して、次世代型パーソナルモビリティによる移動支援サービスの提供を2月24日(水曜日)~2月28日(日曜日)の期間で試験的に実施します。この実証実験は、奈良県が「モビリティによる公園利用者の周遊性向上に資する社会実験(奈良公園魅力向上事業)」の事業者を募集し、株式会社建設技術研究所が事業者として企画提案し採択されたもので、モビリティ社会実験を実施し、公園サービスとしての実用化を期待するものです。

ZMPは、本実証実験に一人乗り自動運転ロボット「ラクロ」を提供、奈良公園内の快適な回遊をサポートいたします。実験中はどなたでも無料でお乗りいただけます。奈良公園へお越しの方は、ぜひご利用ください。なお、雨天の場合中止の可能性がございます。

【歩行速モビリティ「ラクロ」】
https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro


​​​​​​​1.事業目的:
奈良公園には貴重な歴史的文化遺産を包蔵する社寺や文化施設のほか、豊かな緑の自然美が調和して他に類を見ない世界に誇れる公園です。しかし、広大な敷地内に名所が点在し、駅や主要なバス停からの移動は徒歩以外の手段がないことも多く、行きたくても行けないという現状もあることから、二次交通としてのモビリティの可能性について、社会実験を行い検討するものです。
2.実験期間:2021年2月24日(水曜日)~2月28日(日曜日):5日間
3.実験時間:各日10時~16時
4.実験実施ルート:大仏殿前駐車場〜二月堂付近

【参考資料①】奈良県庁奈良公園室サイト
http://www.pref.nara.jp/item/243267.htm#moduleid55858

【参考資料②】2021 奈良公園パーソナルモビリティ走行社会実験のお知らせ
「奈良公園で次世代モビリティに乗ってみよう」 ご紹介チラシ

http://www.ctie.co.jp/news/pdf/info_20210219.pdf



実験実施ルート



歩行速モビリティ「ラクロ」

【歩行速モビリティ「ラクロ」について】
ラクロは、笑顔やウィンクなどの豊かな表情と、声による挨拶やお願いといったコミュニケーションを周りの人と取りながら自動走行する一人乗り車いすロボットです。本体に設置された複数のセンサーやカメラにより周囲を把握、監視し障害物を回避しながら安全に停止できる自動走行により目的地まで安心で確実な移動を提供します。時速6km/h以下で走行する電動車椅子として分類されるため公道での走行ができます。また、公益財団法人テクノエイド協会が運営する福祉用具情報システム(TAIS)にも登録されています。
製品ページ:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます


【高画質画像】

実験実施ルート

ラクロシェアリング サービス実施中です!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ