ドローン及び配送ロボット連携による配送試行の実施

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:衣川 和秀/以下「日本郵便」)が行う、ドローン及び配送ロボットを連携した郵便物などの配送試行へ、無人宅配ロボ「デリロ®」の提供を行います。

ZMPは、2017年より日本郵便主催による自動配送ロボットの実証実験に参画、2020年には日本初の配送ロボット公道走行の実証に機体等を提供し、ラストワンマイルにおけるロボット活用を検証しました。本試行では新たな取組みとして、対象地区に飛来したドローンから配送ロボットへ郵便物や荷物を受渡し、配送ロボットによる配送を実施いたします。中山間地における省人化配送モデルの検証を行います。

ZMPは、自動配送ロボットの社会実装により、デリバリーの人手不足解消等社会課題の解決に貢献してまいります。

【概要】
・運行開始日:2021年12月1日(水)
・運行区間:奥多摩郵便局(東京都西多摩郡奥多摩町氷川1379-6)配達区内
・機体詳細:下図のとおり
・主  催:日本郵便
・実施協力:下表のとおり

協力団体名
概要
日本郵便株式会社    
本プロジェクトの主催および配送業務の監督
株式会社ACSL
ドローン「ACSL-PF2」の提供および運航の支援


無人宅配ロボ「デリロ」

項目
内容
外寸    
108.1cm×66.4cm×108.9cm
量産
機体   :116kg
最大積載量:30kg
最高速度
6km/h
連行方式
電動・自律制御
監視方法
遠隔監視操作室からパソコン画面上で挙動監視
異常時警告表示、停止・操作等の指示に対応


【デリロ製品ページ】

製品HP URL:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/deliro


【無人宅配ロボ「デリロ」について】
「デリロ」は歩く程度の速度で走行する「低速自動運転ロボット三兄弟」の1つとして、自動運転車いすロボット「ラクロ®」無人警備・消毒ロボ「パトロ®」と同様、豊かな表情と声のコミュニケーションにより、人と共生することを目指して開発されたロボットです。複数のカメラやレーザーセンサーを利用して周囲の通行人を検出し、自動で回避したり障害物手前で安全に停止する機能を有するほか、声で存在を知らせたり道を譲ってもらうお願いをするなどにより、周囲の人が心地よく共生でき、安全に走行するロボットです。宅配サービスを実現するため、自律移動可能なロボット、ユーザー用・店舗用アプリ、ITサービスをパッケージ化して提供致します。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

覚障害者が、初めていく場所でも一人で歩ける世界を実現したい!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ

月別アーカイブ