物流支援ロボットCarriRo®、YE DIGITALの 提供するWES 「MMLogiStation」との連携を発表

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)と株式会社YE DIGITAL (福岡県北九州市、代表取締役社長:遠藤 直人、以下 YE DIGITAL)が提供する「MMLogiStation」の連携を発表します。



【業界が注目するWES(倉庫実行システム)
WESとは、従来のWMS(倉庫管理システム)と自動化設備の制御をおこなうWCS(倉庫制御システム)の中間に位置するシステムで、物流現場の自動化設備連携・作業管理に特化しています。従来WMSが行っていた自動化設備連携・作業管理をWESに分離することで、各システムの役割がシンプルになり、自動化設備の導入や作業手順の変更等、業務の変化にスピーディに対応することが可能となります。
​​​​​​​
倉庫自動化システム「MMLogiStation」は、自動化設備の導入をスピーディにするだけではなく、人や機器といった倉庫内のオペレーション全体の最適化を実現し、CarriRoを始めとする主要な自動化設備を制御するWCSとのインタフェースを「プラグイン」として標準搭載しています。

【MMLogiStationとCarriRoの連携】
「MMLogiStation」と連携し、あらゆるロボットやシステムとシームレスに協働します。クラウドサービスROBO-HI® を通じて実現し、総合的な自動化を提供します。CarriRo Fork、CarriRo Tractorの連携については、順次準備予定です。

【CarriRo Connecting Partnersについて】
CarriRoはこれまで、約300社の企業に導入、活用されており、顧客現場からの要望もますます多様化しています。CarriRo Connecting Partnersは、物流向けのソリューションを共同で開発・提供するパートナー企業との物流DXネットワークです。このネットワークを活用することで、CarriRoが接続できる様々なソリューションの提供が可能になります。ZMPはネットワーク企業間の結びつきを強化することで、ソリューションの付加価値の最大化を追求します。
CarriRo Connecting Partners : https://www.zmp.co.jp/carriro/connecting-partners

【物流支援ロボットCarriRo】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計300ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。
Web URL:https://www.zmp.co.jp/carriro
動画:https://www.youtube.com/watch?v=Fby8k6nAN8A&t=38s


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます


覚障害者が、初めていく場所でも一人で歩ける世界を実現したい!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ

月別アーカイブ