製品・サービス Products

テストドライバー無人化システム『CarTomo®(カートモ)』

ZMPは、自動運転技術を応用したテストドライバーの無人化システム「カートモ」の提供をしています。本システムはZMPの自動運転車両RoboCarⓇシリーズに各種センサー、緊急ブレーキシステム、自動運転コンピューターIZACⓇを搭載し、テストコース上での自動運転を実現するための各種機能が含まれます。本ページではシステムの構成例などを紹介しています。

実車走行試験が抱える課題を解決するシステム

自動車や関連部品製造メーカーにて、製品の性能評価・開発のため実車走行試験を実施している中、長時間の走行によるテストドライバーの労働負荷や人材不足も顕著になってきており、本業務の省人化が課題となっています。

本システムはZMPの自動運転車両RoboCarⓇシリーズに
 ・各種センサー
 ・緊急ブレーキシステム
 ・自動運転コンピューターIZACⓇ
を搭載し、テストコース上での自動運転を実現するための各種機能が含まれます。
テストドライバー無人化システム 車両&搭載センサー例

運転席にドライバーのいる有人状態での自動運転走行に加え、ドライバーのいないむ人状態での走行にも対応可能です。
さらに各種テスト業務、評価業務で必要となるお客様のセンサー等を追加し、車両情報と同期して記録できるロガーの構築も可能です。

本システムの導入において、テストコースの自動運転マップ作成、テストシナリオの作成等のサポートも行います。
テストコースにおいても、自動運転システムによる走行にも高度な安全性確保が求められます。

「CarTomoⓇ(カートモ)」は、自動運転タクシーによる都心部の複雑な交通環境での実証をはじめとし、様々な環境での自動運転実績があり、これらの取り組みにより蓄積されたZMPの技術と知見をベースに、リスクアセスメントを実施し安全な走行を実現致します。
本システムにより、テストコースでの走行業務における、ドライバー不足への対応、走行の負荷軽減が可能となります。また、コンピュータによる自動運転により、ドライバーの属人性を排除した走行が可能となり、テスト条件の再現性向上など、開発・評価業務の効率化が期待できます。

関連製品・サービス

RoboCar SUV
市販SUV車両をベースに、ユーザーが外部装置より制御ができる自動運転用車両
RoboCar Mini EV Bus
小型電動バスをベースに、ユーザーが外部装置より制御ができる自動運転車両
IZAC
ZMPが開発した、自動運転用のソフトウェアプラットフォーム

製品のお問い合わせはこちら

TOPへ