製品・サービス Products

満開の桜の下、ラクロでお散歩

2020年3月、桜満開の東京文京区の播磨坂。

2組のご夫婦にラクロに乗ってお花見お散歩をしていただきました。
その時の様子を動画にしましたので、是非ご覧ください。

足が悪くて普段はなかなか歩くことも大変な奥様も、風を感じながら自然と笑顔がこぼれています。
ご夫婦で手を繋ぎながらのお散歩なんて、素敵じゃないですか♪♪

ラクロは、地域や施設向けに、このような笑顔あふれるお散歩体験を提供していきます。

ラクロでお散歩の動画

一人乗りロボ『ラクロ(RakuRo)』 x 桜
播磨坂は毎年「さくらまつり」が開催されますが、今年は新型コロナウィルスの影響で中止。

そんな中でしたが、町内会の2組のご夫婦がお花見を楽しんでいただいている様子を収めています。
播磨坂は500mほどの急な坂道で、高齢の方には大変な場所ですが、ラクロでラクラクと楽しそうに移動されています。

ラクロでお届けしたいお散歩の楽しさ

ラクロは自動運転をするロボットです。

「電動車椅子」として分類されますが、運転は必要ないため目的地やルートを指定して「スタート」ボタンを押すだけ。
事前に登録されたルートに従って、時に障害物や通行人を緩やかに避けながら安全に走行するため、安心して乗っていられます。

電動車いすのような難しい運転もなく両手が空くためご家族と手をつないだり、写真を撮ったりと、移動しながら自由を楽しむことができます。

また、笑ったりウィンクしたりという豊かな表情と、挨拶やお願いといった声を出すことができるため、周りで通行される方々も自然と笑顔になり、それをきっかけにコミュニケーションも生まれています。
ご夫婦で手をつないでのお散歩
両手が自由になり快適
周りの危険も察知しながら安全に走行
ロボットの表情や声もあり周りの人と自然とコミュニケーション

想定されるサービスやご利用先

ラクロは例えばシェアリングサービスとして活用できます。

高齢者の自動車運転免許返納により移動手段に課題を抱える撮ったい社会問題の中、地域での移動においてはラクロが活躍します。
お散歩だけでなく、スーパーや病院への移動など、いくつかの行先を登録しておけば、いつでもラクロにのって移動ができます。

ラクロは本体5年リースで月10万円~としていますが、会員制として10人でシェアすれば1人月1万円で利用することができます。
今回公開した動画のように、地域の方がシェアリングサービスとして利用することで、日常の利用がより便利になるでしょう。

また、サービス付き高齢者住宅などでも、施設自身がラクロを所有して入居者向けにサービスとして提供するなども可能です。

RakuRo(ラクロ)について

RakuRo(ラクロ)は、笑顔やウィンクなどの豊かな表情と、挨拶やお願いといった声によるコミュニケーションを周りの人と取りながら自動走行する一人乗りロボットです。

本体に設置された複数のセンサーやカメラにより周囲を把握、監視し障害物を回避しながらたり安全に停止できる自動走行により目的地まで自動走行により安心で確実な移動を提供し、時速6km/h以下で走行する電動車椅子として分類されるため公道での走行も可能もできる製品となりまです。

製品名に含まれる「ラク」は「楽」、つまり自動走行により移動を「ラク」にすると同時に、本人も付き添う人も車椅子やシニアカーの運転から解放されることで移動中の景色や会話を周りの方と「楽しむ」というコンセプトを表現しています。


カタログダウンロード

お電話でお問い合わせ

株式会社ZMP ロボライフ事業部 TEL: 03-5844-6211

メールでお問い合わせ

TOPへ
03-5844-6210