製品・サービス Products

自動運転電動車椅子・シニアカー RakuRo(ラクロ)のユースケース

新しいパーソナルモビリティRakuRo(ラクロ)が活躍するユースケースやその取り組みについて紹介します。
RakuRoの活用シーン イメージ

自動電動車椅子(シニアカー)RakuRoのユースケースについて

人を乗せて自動運転走行が可能なRakuRoはその機能とサイズから様々な場所での活用が可能です。
RakuRoがどのような場所で利用可能か、本ページではその活用方法やユースケースや取り組みについてご紹介いたします。

都心部モデル地区で

東京都心部で公道を含めた地域で自動運転により利用者の誤操作などの事故を防止するラクロを、マンション群エリアの地下駐車場を活用し、地域でラクロをシェアすることで近隣エリアの散歩や地域の病院、スーパーやレストランまで気軽に外出できるような地域社会をご提案しています。

都心部モデル地区におけるユースケースの詳細については下記をご覧ください。

空港内で

空港内の現状の課題として、空港内の広大なエリアや複雑な動線が、子供連れや荷物の多い人、搭乗口までの移動距離が長い人への負担になっているという課題が存在しています。

RakuRoはその課題解決に向け、免税店前やレストラン、搭乗口付近など、利用者が行きたいところへ簡単な操作で行くことができるソリューションを提供いたします。

空港内におけるユースケースの詳細については下記をご覧ください。

病院・施設内で

現在の日本では、高齢者が外出などを通じて健康に過ごす仕組みと、もしものための見守りの両立が求められています。肉体的・精神的にも健全な状態を維持するため外出などが推奨されますが、一方で外出時の高齢者の活動状況や健康状況をネットワークを通じて監視し、何か異常があった場合には医療機関や入居福祉施設、または家族への通知、発生した位置の情報などを連絡するシステムのニーズが増してくると想定されます。

RakuRoでは、外出中の移動をサポートするだけでなく、移動中・移動後の健康状態をモニタが出来、安心したサポート体制を構築可能です。

クラウドシステムROBO-HIヘルスケア 連携イメージ
本ケースについて詳細は下記をご覧ください。

テーマパークで 

テーマパークの課題として、移動する距離が長くなり移動の大変さにより体の不調や疲れのため同行者と一緒に楽しめなくなってしまう。

RakuRoでは、敷地内の指定の走行を自動で行うことで移動の負担を軽減し、来場者の方がより快適に楽しめることが可能です。

RakuRoは、新たに動物園でのサービスの取り組みも取り組んでおり詳細については下記よりご確認いただけます。

住宅エリアで 

住宅エリアの課題として、駅やスーパーなどのお店までの交通の便が少ない場合や道の上り下りが激しく移動するのに疲れてしまうといった課題があげられます。

RakuRoでは、利用者が多く住む住宅エリアを出発地として設定をして、RakuRoをシェアして共有できれば地域の住民が1台のRakuRo共用して利用が可能です。

運転不要で公道も自動走行可能な一人乗りロボ「RakuRoTM(ラクロ)」のお花見試乗の際に撮影した動画を公開いたしました。
お花見試乗は、ZMPオフィスのある文京区小石川の町内会の方々に乗車頂き、桜の名所でもある坂の多い地域で行いました。
地域でのシェアリングや高齢者施設に入居される方々などの利用を想定した動画として公開しております。

地域でのシェアリングや高齢者施設に入居される方々などの利用を想定した動画として、実際に試乗頂いた皆様の様子をご覧いただければと思います。

MaaSサービスで 

MaaS実現に向けたモビリティの課題として、サービス提供エリアでは自動車やバスでは走行できないエリアが存在し、最後にラストワンマイルをつなぐことが難しい場合がある。

RakuRoは歩道の走行が可能な一人乗りのモビリティとして、ZMPが2020年1月に実施した実証実験では丸の内オフィス街を走行するモビリティとしてRakuRoが活用されました。
本取り組みについては下記をご覧いただければと思います。

オフィス通勤で

オフィス通勤で、場所によっては駅からの徒歩の時間が多く通勤時間を有効に使いたいという要望や課題があります。

RakuRoは、通勤中に機体を予約することで電車の到着時間に合わせての乗車も可能です。
これにより通勤時間の有効活用が可能になります。

自動電動車椅子(シニアカー)RakuRoの試乗体験のご案内

様々な場所やシーンで活用可能なRakuRoですが、導入を検討されているお客様にZMPオフィス(文京区茗荷谷)にて試乗体験を行っています。

試乗体験申し込みフォーム

カタログダウンロード

お電話でお問い合わせ

株式会社ZMP ロボライフ事業部 TEL: 03-5844-6211

メールでお問い合わせ

【関連ロボット】Life Robot Brothers 低速自動運転3兄弟

DeliRo(デリロ)
自律移動機能で物流のラストワンマイルを解決する「無人宅配デリバリーロボ」
PATORO (パトロ)
警備業務における省人化とともに、人々の安心なくらしの実現する「無人警備ロボ」
TOPへ
03-5844-6210