リーダーからのメッセージ 法人営業

【日本人営業によるメッセージ】

ZMPは「技術者の企業」だけだと思っていませんか?
実は現在ZMPの中で営業の果たす役割は非常に大くなっています。

ZMPのお客様向けビジネスとしては主に3つの形態があります。
・自律化/ロボティクス関連製品販売
・エンジニアリング支援(自律化支援サービス)
・公道走行データ取得支援(RoboTest)

いずれにおいても、営業がお客様のニーズを引き出し、エンジニアと協議し、提案をしていくことなるため、
営業がいかにしてお客様の期待を超える提案をできるか、指揮者となってとりまとめていくことが必要となります。
その醍醐味は「メーカー」であり、かつ先端の分野で先陣をきって突き進むZMPならではの立ち位置であるからこそ
大きく感じられ、そして成長のチャンスがあります。

私自身、IT系大企業からZMPに入社して、その成長のスピード感はZMPの1~2年が前職大企業の5年~6年に相当すると実感しています。
その理由はいくつかあります。
①ZMPの手がける分野は、お客様のビジネスの技術中核、まさにコアコンピタンスに踏み込んだ提案をおこなっていること。
②お客様でも新たな分野であるため「答え」がなく、営業はお客様とこれからの方針を一緒に考え、見つけ出すプロセスであること。
③営業が顧客とエンジニアを繋ぐハブであり、ビジネスの指揮者として常にお客様と社内をリードしていく立場となれること。

営業チームの方針としては、「とにかくやってみよう」の精神で、手を上げたらやってもらう方針をもっています。
・新しい販売手法をトライしたい
・海外向けビジネスを手がけたい
・お客様からのフィードバックを基に新たな製品企画をしてみたい
・新たな価値創出のためにパートナーと提携を進めてみたい

これらの想いを営業部では大切にして、ただの「営業」の枠をこえた「ビジネス企画」についても推奨し、全面的にサポートします。
営業は数字が大切なのはもちろんですが、数字だけでは測れないチャレンジ精神を大いに推奨し、支えていく文化を大切にしたいと思っています。

チャレンジして失敗してもOKです。
むしろ現状の延長線上には未来はなく、成功・失敗だけではなくチャレンジしたことへの評価を大切にします。
私もいくつか大きなチャレンジをして、大小さまざまな失敗をしました。
それが今では大きな糧となって、まだまだ成長意欲は止まりません。

そんな私たちと、ZMPの営業という枠を超えたチャレンジ精神で、世の中に役立つ価値を提供していける仲間をお待ちしています!!

【ご参考】 少し古いですが、私が転職対談をしています。※外部サイトです。
株式会社アマテラス:転職者対談<ZMP>

TOPへ