製品・サービス Products

【新型コロナウイルス対策ロボット紹介】
無人物流ロボCarriRo AD 無人物資搬送

ZMPは自動運転(自律移動)を搭載した物流支援台車CarriRo AD(キャリロエーディ)を活用し、指定したルートを走行可能な無人物流ロボの無人物資搬送について紹介します。遠隔での発信・停止、ルートの切り替えが可能で、ホテル内や病院での荷物や搬送物の回収や配送に貢献いたします。

物流支援ロボットCarriRo AD(キャリロエーディー)とは?


CarriRo ADは、追従機能を搭載したCarriRo FDにモデルに自律移動機能を搭載したモデルです。

走行通路にランドマークというシールのようなものを貼り、CarriRo ADがその上を走行すると、画像認識によって位置補正と走行指示情報を同時に受け取ります。

それを繰り返すことによってゴールまで確実に到達するという機能を搭載しています。
物流支援ロボットCarriRo ADの製品詳細につきましては下記をご参照いただければと思います。

物流支援ロボットCarriRo AD

自律移動機能について

自律移動機能は、様々な種類のランドマークマーカーを活用することで屋内廊下の自動走行やルートの切り替え、停止・発信のタイマー指示など、導入する場所の広さや幅に応じて柔軟に対応が可能です。

また、施設に追加の設備を設置する必要もなく、床面のマーカー(シール)を設置するだけで即座に自律移動する搬送ロボットが導入できます。
CarriRo AD ランドマークパターン例

軽症者等の宿泊療養受け入れ施設での適用例

本機能を活用し、現在コロナウイルスの軽症者等の宿泊療養受け入れ施設の弁当や物資の運搬においてホテル内での運用を進めています。

本事例については下記のリンクにてその導入について説明をしております。
新型コロナウイルス感染者受け入れ施設での物資運搬フロー例

【新型コロナウイルス対策ロボット事例紹介】新型コロナウイルス感染者宿泊療養施設内の無人物資搬送

クラウドサービスROBO-HI(ロボハイ)連携について

CarriRo®とROBO-HI®の連携機能では、全体の運用状況や位置情報をモニタリングする機能やCarriRo®の走行データを集計して表示する取った機能が利用可能です。

また、ネットワークの通信を活用し走行情報を、リアルタイムにやり取りができ、相互に強調した制御が可能となり、走行ルートでの機体同士の「すれ違い制御」や任意の時間に走行指示や停止を行うことができる「呼び出し制御機能」も行うことが出来るようになります。
物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)とクラウドシステムROBO-HI(ロボハイ)の連携イメージ

自律移動走行 紹介動画

以下に、CarriRo ADを活用した企業の紹介動画を掲載いたします。どのように自律移動走行を行うかご参考にしていただければと思います。
~北海道ロジサービス株式会社~ 
~ヤマト運輸株式会社~
~株式会社ベルメゾンロジスコ~

Web導入相談のご案内

現在ZMPでは、昨今の状況を踏まえまして、導入を検討するにあたりWEB会議の中を通じたサービスを実施しております。
また、ZMPのオフィスには製品の実機もございますのでご希望に応じて実機の確認なども可能です。

導入につきましてご検討の方は下記よりご連絡をいただければと思います。

Web相談サービス 申込フォーム

TOPへ
03-5844-6210