トップへ戻る
唯一無二
先駆者
会社概要
パートナー
アクセス

ZMPは、2005年に家庭用二足歩行ロボット「nuvo (ヌーボー)」の量産を開始し販売、それ以来、屋内形状をマッピングしながら自律移動する音楽ロボット『miuro』を開発、自律移動技術を活用し、自動運転の制御開発や物流支援ロボットの開発を手掛けてまいりました。

2019年、低速自動運転ロボット(LIFE ROBOT BROTHERS)を発表、ZMPは『Robot Life(ロボットライフ)』、人間とロボットが共生する社会の実現を目指し、量産化やサービス化に向けた私たちの取り組みを紹介します。

一人乗りロボ RakuRo(ラクロ)

RakuRoは、移動に不自由を抱える人に対し、目的地までの自律移動により、空港、商業施設、観光地など様々な場面において安心で確実な移動を提供するモビリティーロボットです。

   2019年   G1-2019モデル発表
                 G1-2020量産モデル発表
   2020年   G2-2020発売開始!

ZMPでは、2020年に実用化を目指すパートナー企業様への商用プログラムを発表し、成田空港や丸の内オフィス街でのフィジビリティ検証を2019年より行っています。

一人乗りロボ RakuRo(ラクロ)

物流支援ロボットCarriRo (キャリロ)

CarriRo(キャリロ)は、「モノの移動を自由にする」ミッションのになった物流支援ロボットです。

 2014年 構想発表&プロトタイプ発表
 2016年 量産製造スタート
 2018年 自律移動モデルを販売開始。
 2019年 無人フォークやパレット搬送モデル追加

物流支援ロボットCarriRoは、物流無人化の実現に向け、搬送ロボットの自動化だけでなく、ロボット間の連携や物流に関するデータをクラウドAI ROBO-HIによる可視化を通じて物流の効率化を実現します。

物流支援ロボットCarriRo (キャリロ)

宅配ロボットDeliRo(デリロ)

DeliRo(デリロ)は自律移動技術を宅配の分野へ適用、物流の分野で新しい挑戦をしている宅配ロボットです。
上記、一人乗りロボRakuRoと同じプラットフォームをベースとし、ロボットと人が助け合う社会の実現を目指しています。

 2017年 G1-2017モデル発表
   2018年 G2-2018モデル発表
   2019年 G2-2019モデル発表
   2020年   量産開始

宅配ロボット DeliRo(デリロ)

ステレオカメラRoboVision /自動運転ソフトウェアIZAC(アイザック)

ZMPはステレオカメラRoboVisionを販売。また、自動運転用のソフトウェアとしてIZACを開発。これまで研究開発用として販売をしてきました。

2019年より量産に向け、空港内自動運転バスや宅配ロボットへのRoboVisionシリーズの搭載や、自動運転ソフトウェアをブリヂストンの走行テストの自動化や新しい製品 警備ロボットPATORO(パトロ)に適用し、活用のフィールドを広げています。

ステレオカメラ RoboVision
自動運転用ソフトウェア IZAC

新しいライフスタイルの創造に向けて

ZMPは、様々なプロジェクトを通じて上記の製品やサービスを量産化させ、「Robot of Everything ヒトやモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、ロボット技術をあらゆる機械に応用し便利な社会を目指し事業に取り組んでいきます。
TOPへ