自動運転・ADASを知る

色深度 自動運転・ADASを知る 用語集

ZMPの自律移動や自動運転、ADASに関する用語をまとめております。

色深度

コンピュータグラフィックスにおける概念で、カラーやグレイスケールのビットマップ画像でのピクセル毎のビット数を意味する。bits per pixel(bpp)という単位で、グラフィックス機器のスペック表記などで使われる。色深度は色表現の1つの側面のみを表しており、表現可能な色の多さを表している。もう1つの側面として色域をどれだけ広範囲に表現できるかという観点もある。色深度と色域によって色の符号化仕様が定義され、色符号の値と色空間における位置が対応付けられる。

ZMP関連商品

色深度がより細かく計測可能なソニー製最新CMOSセンサーを搭載したカメラユニットを販売しております。製品の詳細については関連製品より詳細をご確認いただければと思います。

RoboVision3
最大150m、水平110°の距離と視野のセンシングが可能なステレオカメラ
RoboVision2s
自動運転・高度運転支援システムに活用いただけるステレオカメラユニット
物体検出オプション
検出した物体の大きさや位置座標をリアルタイムに表示可能なソフトウェア
TOPへ