東京都主催自動運転シンポジウムに弊社 取締役の西村が登壇します

株式会社ZMP 取締役 ロボハイ事業部長の西村明浩が10月25日(金)に東京都主催の「自動運転シンポジウム」に登壇します。

当日は「ZMP版自動運転MaaSの取り組み」と題して講演を行います。

また、第二部のパネルディスカッションでは、「自動運転が広げる未来の可能性」をテーマとして、自動運転がもたらす未来について考えます。


詳しくは以下をご確認ください。

1.イベント名称
東京都主催「自動運転シンポジウム」

2.開催日時
令和元年10月25日(金)15:00~18:00まで(開場14:30~)

3.会 場
東京ビッグサイト会議棟6階 605,606 会議室(東京都江東区青海三丁目11番1号)

4.実施概要
下記URLの特設サイトをご参照ください。URL:https://jidouunten-self.tokyo

5.シンポジウム概要
(1)定員
300名程度(事前申込制・申込多数の場合は抽選)

(2)テーマ
自動運転が変える私たちの暮らしと移動の未来

(3)プログラム
【第1部 講演】
①「自動運転がもたらすワクワクする社会」
清水和夫氏(国際自動車ジャーナリスト)

②「自動運転に関する東京都の取組について」
前林一則氏(東京都戦略政策情報推進本部戦略事業部先端事業推進担当課長)

③「より良い暮らしと社会のために~MaaSや新モビリティサービスと自動運転の可能性~」
楠田悦子氏(モビリティジャーナリスト)

④「小田急グループが提案する新たなモビリティライフ」
西村潤也氏(小田急電鉄株式会社経営戦略部課長 次世代モビリティチーム 統括リーダー)

⑤「ZMP版自動運転MaaSの取り組み」
  西村明浩(株式会社ZMP取締役 ロボハイ事業部長)

【第2部:パネルディスカッション】
「自動運転が広げる未来の可能性」
 モデレーター:前林一則氏(東京都戦略政策情報推進本部戦略事業部先端事業推進担当課長)
 パネリスト:尾木直樹氏(教育評論家)、ほか上記講演者4名
※プログラムは当日変更になる場合があります。

6.併催イベント
東京モーターショー2019(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)

7.申込方法について
申込期間:令和元年9月26日(木)から10月11日(金)まで
申込方法:申込みフォーム、電話、FAX、郵送のいずれか
抽選結果:令和元年10月15日(木)から10月18日(金)までに当選者のみに通知

8.本シンポジウムと同時開催で、東京都主催の自動運転試乗会も開催されます。
詳細は、下記URLの特設サイトをご参照ください。
https://jidouunten-self.tokyo/test-ride/


※申込フォームのURL:
【シンポジウム】https://jidouunten-self.tokyo/symposium/form/
※FAX及び、お電話でのお申込は下記「東京都自動運転試乗会・シンポジウム事務局」へ問い合わせ
※申込多数の場合は抽選

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ