ZMP、物体検出機能搭載ステレオビジョン販売開始

ZMP、物体検出機能搭載ステレオビジョン販売開始

-ソニー製超高感度CMOSセンサ搭載。ADAS・自動運転技術開発のセンシングに-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、本日、物体検出機能を搭載したステレオビジョンシステム「RoboVision® 2物体検出パッケージ」の販売を開始致しました。

本製品は、ソニー製超高感度CMOSセンサを2個搭載したステレオビジョンシステムRoboVision2と新しい物体検出ライブラリ、及び、PCから構成されます。従来の視差画像の出力に加え、今回の新ライブラリを用いることにより、検出した物体の大きさ、物体位置の座標を平面図(トップビュー)にて表示可能となります。RoboVision2の取り付け角度、高さ情報をあらかじめ設定しておくことにより、カメラを基点とした座標系で物体検出が可能となります。

RoboVision 2は、2015年の発売以来、自動車/部品メーカ、大学等研究教育機関でご好評を頂いているステレオビジョンシステムです。先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車両においては、車両や歩行者など物体検知などのセンシングが必要となりますが、本製品はこのようなセンシングシステムの研究開発などにご活用いただける製品です。

RoboVision 2物体検出パッケージの価格は170万円(税別)、すでにRoboVision 2をお持ちの方向けの物体検出ライブラリは50万円で、7月より出荷を開始致します。

なお、本製品は5月25日(水)からパシフィコ横浜にて開催される、「人とくるまのテクノロジー展 横浜」にてデモおよび展示を行います。



※画面は開発中のものです。

左上:実際の画像(検出枠付き)
左下:視差画像(距離を色で表示)
右:物体検出結果(赤印)


RoboVision 2ウェブサイト
http://www.zmp.co.jp/products/robovision2


【価格】

RoboVision 2 物体検出パッケージ 170万円(税別)

(RoboVision 2、物体検出オプション、PCのセット)

RoboVision 2 PCセットパッケージ 120万円(税別)

(RoboVision2、PCのセット)

RoboVision 2 物体検出オプション 50万円(税別)

(RoboVision2をお持ちの方向け)

RoboVision 2 本体 80万円(税別)

製品の詳細についてはこちらをご覧ください。

【展示会出展情報】

ZMP FORUM 2016

http://www.zmp.co.jp/products/8th_forum

会期:2016年8月31日(水)~9月2日(金) 10:00~17:00(1日目は懇親会(18:00-20:00を予定)

会場:ベルサール六本木

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

MaaS 向け
自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Delivery
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供します

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ