無人自動運転を用いたサービス開発向け公道実証実験支援パッケージ販売開始

無人自動運転を用いたサービス開発向け

公道実証実験支援パッケージ販売開始

-高齢化・過疎化問題に取組む自治体、大学、企業向けモビリティサービス開発ソリューション-

 

 

RoboCar MiniVan
 

この度、株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、自動運転を用いたサービス開発向けに、運転席にドライバーがいない状態での公道実証実験を支援するパッケージの販売を開始致しました。

本パッケージには、自動運転技術開発向け実験車両RoboCar MiniVan、自動運転用コンピュータIZAC、走行エリアの高精度マップ、映像監視システムと遠隔運転席設備、実証実験の計画・シナリオ立案支援、ソフトウェアカスタマイズなどの作業、行政・警察等への申請などの支援、および、実証実験オペレーションのサポートなどが含まれます。自動運転に関するハード・ソフトのみならず、計画立案から行政・警察への届け出の支援、オペレーションの支援まで含まれており、サービス実証実験に向けた準備期間の短縮が可能となります。高齢化・過疎化問題に取り組まれている自治体、大学、企業などにおけるモビリティサービス開発ソリューションとして、また、ADAS・自動運転技術開発における公道での実験・評価などでご活用いただけます。
当社は、自動車/部品メーカ、大学等に自動運転技術開発向け実験車両RoboCar®シリーズを販売するとともに、2014年からは公道での自動運転実証実験を実施しています。昨年12月には日本初となる遠隔型自動運転システムによる公道実証実験を東京都内で実施、この度本成果をもとに、運転席にドライバーがいない状態での公道実証実験を含めた実証実験支援パッケージの販売を開始致しました。

なお、1月17日より東京ビッグサイトで開催される第1回自動運転EXPOにおいて、RoboCar MiniVanの展示、本パッケージの紹介を致します。

 

 

隔型自動運転システムの構成
 

RoboCar MiniVan公道実証実験支援パッケージ
http://www.zmp.co.jp/products/robocar-minivan-roadtest

 

展示会出展情報
第1回自動運転 EXPO
会期: 2018年1月17日(水)~19日(金) 
会場:東京ビッグサイト(ブース番号 E55-20)
出展概要: http://go.zmp.co.jp/automotiveworld2018

 

パッケージ内容
・      自動運転車開発プラットフォーム RoboCar MiniVan
  (自動運転走行に必要なセンサを含む)
・      自動運転コンピュータ IZAC
   (基本ライセンス料 + 制御コンポーネントオプション、走行テスト費用を含む)
・      高精度マップ
・      映像監視システム(送受信機等)
・      遠隔運転席設備(コントローラ、モニター、シート等)
・      実証実験の計画と実験シナリオの立案支援
・      実験シナリオ実現にむけたソフトウェアカスタマイズ
・      対象地域の行政・警察機関への届出に関する支援
・      実験実施に関するエンジニアリングサポート
・      実験実施に関するオペレーションサポート
  (現地調整役、実験実施用ドライバー、サポートカーなど)

※運転席にドライバーが乗車していない状態での実験については、警察庁の「遠隔型自動運転システムの公道実証実験に関わる道路使用許可の申請に対する取扱いの基準」に準拠する必要があります。ご要望エリア全てで実現可能であることを保証するものではありません。

 

本パッケージのご利用シーン例
自治体などのモビリティサービス導入を目的とした有効性や社会受容性に関する実証実験
ADAS・自動運転向けセンサー開発における公道での実験・評価
価格 
実験例:
公道での自動運転サービスの実証実験支援
(車両・機材、ソフトウェア含む。当社実証実験支援期間が3日間程度の場合)
価格例:
   8,000万円(税別)~
※目的や規模に応じてご提案を致します。詳しくは、当社までお問い合わせ下さい。

本件に関するお問合せ
株式会社ZMP 営業部 TEL: 03-5802-6901 / FAX: 03-5802-6908 E-Mail: info@zmp.co.jp

 

プレスリリース記事
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

TOPへ
TOPへ