ADAS開発向け高速道路での走行データ収集サービス開始

ADAS開発向け高速道路での走行データ収集サービス開始

-実験計画から走行、データ処理までワンストップで支援。第1回自動運転EXPOで紹介-

 

 

走行データ収集システムの例
 

この度、株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、高速道路での走行データ収集サービスを開始致しました。
 昨今、市販車におけるADAS・自動運転機能の搭載、高機能化が進み、公道での走行評価が重要となっております。それに応じて、技術が複雑になっていることから評価システム構築や収集したデータ処理などの工数が増大する傾向にあり、走行テスト要員の確保も課題となっております。

ZMPは、2012年よりドライバーによる公道での走行データ収集サービスRoboTest(ロボテスト)を開始、自動車メーカ/部品メーカ等の走行業務を支援しており、この度、高速道路を対象とした走行データ収集サービスを開始致します。本サービスは、高速道路での走行データ収集に特化し、実験計画の策定、システム開発、車両・ドライバ手配、データ収集走行、処理・分析、報告、一気通貫に実施致します。当社では、高速道路・有料道路の車線、合流・分岐、出入り口などの詳細データベースを順次整備しており、それらの詳細シーン毎での計測が可能です。このデータベースと、これまでのデータ収集の知見から、大規模な走行データ収集に対する綿密な走行計画の立案から実施まで対応可能です。ZMPは公道自動運転実証実験を進めており、カメラやLIDARなどのセンサを組み合わせた計測システム構築の知見を有しており、走行データ収集の際にお客様のセンサシステムと別方式のセンサによるリファレンスデータの取得や、データ取得後のアノテーションやセグメンテーション、分析も対応可能です。

計画立案から走行、データ処理まで一気通貫で実施するためお客様の手間を大幅に軽減できます。計測システムは当社標準システムをサービスの一環として利用、お客様における機材の購入、資産計上が不要です。また、関連会社ZEGとの連携により、大規模なデータ収集や、複数チームを並行させた走行などでトータルの走行量拡大、期間短縮、工程管理の負荷軽減などが見込めます。

価格は、車両1台・ドライバー10名・走行期間2週間の場合、600万円(税別)~で、
本日より受注を開始致します。

なお、1月17日より東京ビッグサイトで開催される第1回自動運転EXPOにおいて、本本サービスの紹介を致します。

 

走行データ収集サービスRoboTest
http://www.zmp.co.jp/products/robotest

【展示会出展情報】
第1回 自動運転 EXPO

会期: 2018年1月17日(水)~19日(金) 
会場: 東京ビッグサイト(ブース番号 E55-20)
出展概要: http://go.zmp.co.jp/automotiveworld2018

【価格】 
(参考例)RoboTest 高速道路での走行データ取得
車両×1台、ドライバー×10名、走行期間2週間  600万円(仮)~(税別)
※価格は要件を確認のうえ個別見積となります。

 

RoboTestについて

ZMPが提供する、ドライバーによる公道走行データ取得支援サービス「RoboTestⓇ」は、お客様の公道走行に懸かるデータ取得の企画段階からデータ分析までの支援を行うサービスです。
少人数から大規模な走行まで迅速に実施が可能なサービスです。

 

公道走行データ取得支援サービスのプロセス
 

【本件に関するお問合せ】

株式会社ZMPプラットフォーム事業部
TEL: 03-5802-6901/FAX: 03-5802-6908 Mail: info@zmp.co.jp

 

プレスリリース記事
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

TOPへ
TOPへ

この内容で送信します。よろしいですか?