人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜にて 自動運転技術開発を支援する製品・サービスを発表・出展

-最大150m・水平100°のステレオカメラRoboVision3など初出展-
-プレスアワー記者発表 5月23日(水)午前8:20~8:35 ZMPブースにて実施-


​​​​​​株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、2018年5月23日(水)から25日(金)までパシフィコ横浜・展示ホールにて開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」に、自動運転に関わる様々な新しい製品やサービスを出展します。

なお、初日5月23日(水)8:20よりZMPブースにて記者発表を行います。


支援サービス提供イメージ


・自動運転技術の適用支援サービス
ZMPの新しいサービスとして、自動運転技術を適用した開発や研究、実証実験などの支援サービスを提供いたします。例えば、自動運転技術を使った走行シナリオの実現や物体検出や白線検出などのセンシング技術を使った注意喚起装置、また耐久試験や繰り返し行う試験の走行部分の自動化など、適用例として、新しいモビリティーサービスの実証実験や農機や建設機械の安全機能開発などの事例を含め紹介いたします。



RoboTest計測車両例


・走行データ計測サービスRoboTestの事例と新サービスの紹介
自社の自動運転技術開発とテストの経験を活かし、公道におけるドライバーによる走行時のデータ取得支援サービスを実施しています。今回、走行データ取得に必要なシステムの設計や構築、車両の手配と機材の設置・改造、および取得後のデータ処理に加え、新しいサービスとしてZMPが保有する走行データを販売し、安価に短期間でデータが提供できる取り組みを紹介いたします。



自動運転用ステレオカメラRoboVision3

・最大150m、水平100° RoboVision®3を初出展
RoboVision3は最新のソニー製車載向け高感度イメージセンサIMX390を採用し、最大150m、水平100°とこれまでにない距離と視野のセンシングが可能なステレオカメラです。画像はHDRとLED信号のフリッカー抑制の同時処理が可能であり、ADAS・自動運転の技術開発において重要な認識や判断機能の大幅な向上が期待できます。今回、実機の展示と走行試験にて計測したイメージの紹介をいたします。



​​​​​​​車両前後の計測にも活用可能
RoboVision2s(2個), セット用PC,  SSD(2TB)接続時


・長時間録画機能を追加したステレオカメラユニットRoboVision2s
発売以来、100台以上の納入実績があるステレオカメラユニットRoboVision2sは外部記録デバイス(SSD)へ長時間の画像が保存可能な画像計測機能を追加したソフトウェアの出荷を開始しました。オプションでは画像処理による物体検出ソフトの機能もアップデートし、複数の対象物が検出可能な機能が追加されております。また、前車追従機能を搭載したRoboVision2s CarTrackパッケージについても紹介いたします。


宅配ロボット CarriRo Delivery

・宅配ロボットCarriRo® Delivery 人とくるまのテクノロジー展へ初出展
自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用して物流のラストワンマイルの課題解消や、日々の買い物を手助けすることを目指し、「歩道を自動で移動する宅配ロボットCarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を開発し、実証実験を進めています。ブースでは実機を展示予定で、サービス事業化に向けて、戦略的ビジネスパートナーの募集を行います。

【展示会情報】

自動車技術展:人と車のテクノロジー展 2018 横浜 ZMP展示ブース: 70番

ZMPプレス発表:5月23日(水)午前8時20分 ~ 8時35分 ZMPブースにて発表

自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜

会期:2018年5月23日(水)~25日(金) 

会場:パシフィコ横浜・展示ホール

ブース番号:70 

展示会用ホームページ:https://www.zmp.co.jp/event/hitokuru2018

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。


こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

MaaS 向け
自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Delivery
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供します

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ