【導入事例紹介】物流支援ロボット CarriRo® 水野産業、物流センターの作業負荷軽減と生産性向上を実現

-「都度変わる搬送動線への対応」「ロングカートのけん引」が選定ポイント-


株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)が販売する物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)が、水野産業株式会社において、物流センターの作業負荷軽減と生産性向上を目指し導入されました。この度、弊社ウェブサイトにて事例を公開いたしましたので、お知らせいたします。

【CarriRo導入事例紹介】水野産業株式会社

https://www.zmp.co.jp/carriro/detail_mizunosangyo



CarriRoとロングカートを連結し「カルガモ」モードで運搬


水野産業株式会社関東物流センター副所長の綿貫様は、CarriRo導入前の課題について、「人件費の高騰や人材不足があり、その負担をいかに減らして生産性を上げていくかが課題」とコメントされています。

CarriRo導入の理由として、同氏は「都度変わる搬送動線への対応」、「既存カートとの連結」を挙げられています。「一回のピッキングで複数の作業場を移動するため、搬送する動線はその都度変わります。AGVのように床にテープを設置するタイプの搬送機ではそういった搬送動線の変更には対応が出来ませんが、キャリロは人に追従していくため複雑な搬送動線への対応も可能でした。」とコメントされています。

導入から約半年が経過し、同氏は導入後の効果として、けん引による負荷軽減、追従による前方視界確保による安全性向上、といった点を挙げられています。また、ロングカートと連結させる際、ロングカートに載らない大きな商品をCarriRo本体に載せること同時に運搬が可能となり、生産性の向上に役立ったとコメントされています。

同社では現在、CarriRoを特定エリアでの使用に限定されていますが、今後は他のエリアへの展開する計画を進めているとのことです。また、自律走行機能についても大きな期待を寄せていただいております。



構内レイアウト概観図(2つの動線で利用中)


【会社紹介】

水野産業株式会社は昭和23年の創業以来、多様化するニーズにお応えする為に商品のラインナップを増やし、今では商社として活動するまでに至りました。主な事業内容は容器や包材を中心にお客様がご要望される商品を提案、供給させて頂いております。お客様が今何を求めているのか、そのニーズを的確に捉え、新しい商品、サービス、ニュービジネスモデルを生み出すことにより、そのお手伝いをしていきます。そして、これからも変わりゆく時代に柔軟に対応しながら環境問題などの諸問題解決に取り組みつつ、新しい可能性を求めて積極的な商品提案をしていきます。

【CarriRoについて】
CarriRoはジョイスティックによる操作ができるドライブモード、およびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモードを有した台車型物流支援ロボットです。充電式で最大150kgの荷物を8時間連続で運ぶことができ、倉庫や物流センター内のピッキング業務の効率化や、工場内の工程間搬送において利用されています。
[ウェブサイト] https://www.zmp.co.jp/carriro/
[動画] https://youtu.be/CM1RVIyHuv

【価格】
5年リース 月額28,000円(税別) / 1台

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

TOPへ
TOPへ