自動追従機能搭載

物流支援ロボットCarriRoは、物流・製造現場での負担軽減・効率化を可能にし、
これまでかかっていた時間・コストの削減を行います。

月額 ¥25,000~

※実際の仕様・使用方法についてはマニュアルをご参照ください

お客様の導入事例

無料で製品デモを試す

※遠隔地の場合は、出張費用が発生する場合がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

01 Drive Mode

物流支援ロボットCarriRoの特徴

力を使わなくても自由自在に
移動可能なドライブモード

物流支援ロボットCarriRoは、全く力を入れずに、
手元のジョイスティックを傾けるだけで、
最大100Kgの荷物を運ぶことが出来ます。
更にレバーはどの方向にもに傾けられ、
カーブもバックも、自由自在!

01 Drive Mode

02 Following mode

物流支援ロボットCarriRoの特徴

一人で3台もコントロール。
押さなくても自動でついてくる
カルガモモード。

一般的に、台車は1人1台しか使用できませんが、
自動でついてくるカルガモ機能を使えば、作業効率は3倍に
物流コストの削減に貢献します。

02 Following mode02 Following mode02 Following mode

03 Self-navigation mode

物流支援ロボットCarriRoの特徴

指定したエリアの
自律移動で更なるコストカット。

現在開発中の自律移動モードでは、
一度経路を設定しておけば、人がいなくても自動で
荷物を搬送させることが可能になります。

03 Self-navigation mode

04 IoT package

物流支援ロボットCarriRoの特徴

04 IoT package04 IoT package

在庫管理システムと連携し
さらなる業務効率化・見える化を推進する
IoTパッケージ(※現在開発中)

現在開発中のIoTパッケージでは、SAP、凸版印刷と協業し、
CarriRoが入手可能な情報とRFIDから読み取った在庫情報を
システムと連携させることにより、さらなる業務効率化、
現場の見える化を推進します。

無料で製品デモを試す

※遠隔地の場合は、出張費用が発生する場合がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

CarriRoは基本性能も圧倒的

  • 営業時間内の連続稼働が可能な最大連続8時間稼働
    営業時間内の連続稼働が可能な
    最大連続8時間稼働
  • 最高時速6km!! 4段階での速度調整
    最高時速6km!!
    4段階での速度調整
  • CarriRoはビーコンに反応し、作業者や前方のCarriRoに追従
    CarriRoはビーコンに反応し、
    作業者や前方のCarriRoに追従

    ビーコンには個別のIDが設定されており
    間違ったビーコンに
    追従することはありません

可能性は無限大。様々なシーンで利用可能。

01

物流センター内ピッキング

フリーハンドやタブレットを操作しながら、
CarriRoを追従させて荷物を運搬させることが可能です。
ピッキング時間を削減し、作業負荷を大きく減らすことができます。

物流センター内ピッキング

02

館内物流

商業施設(ショッピングセンター等)における館内物流で
カルガモモードを活用することにより、
1日の運搬回数を1/3に減らすことができます。

館内物流

03

工場の工程間搬送

工場の中での工程間搬送にカルガモモードを活用することでベルトコンベアやAGVの代替として利用できます。

工場の工程間搬送

04

小売店舗での品出し

スーパーマーケットや小売店舗での商品の品出し業務でCarriRoを活用することにより、作業者の負担なくスムーズな作業をすることが出来ます。

小売店舗での品出し

無料で製品デモを試す

※遠隔地の場合は、出張費用が発生する場合がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

主要仕様

本体重量
55kg
大きさ
幅600mm、奥行き900mm、高さ200mm(ハンドル部900mm)
バッテリー
リチウムイオン電池
稼働時間
8時間
充電時間
2時間(80%)、6時間(100%)
追従センサー
光学式
最大積載重量
100kg
最大速度
6km/h
登板角度
3度
充電方法
AC100V 専用充電機

CarriRo デザイン監修: 長濱 雅彦(ながはま まさひこ)

東京藝術大学 美術学部 教授 日経デザイン記者を経て、1990年長濱デザインオフィス設立。生活用品、自動車関連用品、 スポーツ用品プロダクトデザイン及びデザインコンサルティング業務。 ジャンルにとらわれない広義なデザイン活動を展開。
現在、東京芸術大学美術学部デザイン科教授。 近年の主な仕事は、「ゴルフブランドPRGRのクラブデザイン」「ボーイング737のラバトリー」、「床ずれ予防機器メディエア」(Gマーク受賞)、 「木曾漆器産地との共同デザイン事業」(ミラノサローネ出展)「2013 ゴルフクラブegg FW」(Gマーク受賞)自転車競技のデザイン 「ガールズケイリンウエア」 「自転車競技日本代表ナショナルジャージ」など。

価格

5年リース

月額25,000円 / 1台

※ご要望に応じてデモの実演も可能ですので、詳しくはお問い合わせください。