水平360°・最大200m計測 RoboSense社32チャネル及び16チャネルLiDAR販売開始

-自動運転車両、移動ロボット等のマッピング・周囲環境のセンシングに-


RS-LiDAR-16



RS-LiDAR-32A/B


株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、この度、RoboSense社32チャネルLiDAR「RS-LiDAR-32」及び16チャネルLiDAR「RS-LiDAR-16」の販売を開始いたしました。

本製品は、水平360°かつ測定距離200m(32 チャネル)、150m(16チャネル)のスキャンが可能なRoboSense社製高性能LiDARです。直径115mm・重量1kg(32チャネル)、直径83mm重量840g(16チャネル)と小型・軽量なLiDARです。

自動運転車や移動ロボットにおける3次元地図の作成や自己位置推定、また、他車両や歩行者・障害物などの検出にご活用いただけます。

製品は、本日5月23日よりパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」にて出展いたします。


【製品紹介】
https://www.zmp.co.jp/products/rslidar


【展示会出展情報】
自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜
会期:2018年5月23日(水)~25日(金)
会場:パシフィコ横浜・展示ホール
ブース番号:70
展示会ウェブサイト: https://www.zmp.co.jp/event/hitokuru2018


【主な仕様】
RS-LiDAR-32A/B



RS-LiDAR-16



【価格】
搭載する車両・ロボット、実験の目的等によりご提案いたします。詳細はお問い合わせ下さい。

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ