東京都『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定

-都心部での自動運転タクシーによるサービス実証を実施-

-7月18日 第10回ZMPフォーラムにてプロジェクト内容を発表-

 株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、日の丸交通株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:富田和孝、以下日の丸交通)とともに、東京都事業である『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定されました。
本プロジェクトは、ZMPが開発した自動運転車両RoboCar® MiniVanを用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行させ、需要の多い都心部路線でのドライバー不足の解消等の活用策や、ICT技術を活用した配車サービスを検証いたします。
本プロジェクトの内容につきましては、7月18日より開催される「第10回 ZMPフォーラム」の第1日目に発表いたします。


公道実証実験中のRoboCar® MiniVan

<実証実験概要>
概要:スマートフォンを活用し、自動運転タクシーの予約、配車、料金決済等を行います。自動運転タクシーは、車線変更や右左折、停止等をすべてシステムが自動で操作(緊急時のみ人が介入)を行います。
実施予定箇所:千代田区~港区

<東京都 報道発表資料>
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/06/08/02.html

ZMPは、2014 年に愛知県の公道でドライバーが乗車した状態での自動運転の実証実験を開始、その後、オフィスのある東京都文京区、そして、2020年に向けて交通量が非常に多いお台場等の環境においてレーンチェンジや交差点右左折などの機能の検証を行って参りました。昨年12月には、全国初となる運転席にドライバーが乗車していない状態での公道実証実験を、東京自動走行ワンストップセンターの支援を受けて実施される第1号の実証実験として行いました。

ZMPは、2017年6月に自動運転タクシーの実現に向けて日の丸交通と協業を開始、自動運転技術の開発とともにサービスの開発と実証を進めております。ZMPは、今回の実証実験で得られた知見を活用し、更なる技術開発と安全性向上を行い、2020年の自動運転タクシーの実現を目指してまいります。

【第10回 ZMPフォーラム 開催概要】
ZMPフォーラム2018『自動運転の商業化で人とモノの移動を変える』
ZMPは、世の中の技術開発の加速に貢献したいとの想いで、2009年よりZMPフォーラムを毎年開催しております。第10回となる今回は、基調講演として理化学研究所革新知能統合研究センター長杉山将先生にご講演を頂き、その他、各分野の第一人者によるご講演・事例紹介、新製品の発表、ZMPスタッフによる技術紹介などを行います。
開催日時:
   2018年7月18日(水) 10:00~18:00(18:30~ 懇親会)
   2018年7月19日(木) 10:00~17:00(17:00~ 商品デモ&体験会)
   2018年7月20日(金) 10:00~18:00
会場:ベルサール飯田橋 (東京都千代田区 飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル)
参加費:無料(懇親会は有料)

※本プロジェクトに関する発表は、第1日目 7月18日(水)10:30~となります。

【プログラム詳細】
プログラム詳細:http://www.zmp.co.jp/products/10th_forum
各日のプログラムについて公開しております。(※6月13日時点)

【お申し込み方法】
以下の予約フォームよりお申込みをお願いします。
参加お申し込みフォーム:https://www4.revn.jp/zmpforum2018/
(※競合製品をお取り扱いされている場合など、お断りさせて頂く場合があります。予めご了承ください。)

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ