自動運転プラットフォームRoboCar® シリーズ 最新モデルRoboCar SUVの発表

-10個のカメラでの全周囲センシング・安全機能を拡充-
-7月18日 第10回ZMPフォーラムにて発表-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、2009年以来自動車メーカ、部品サプライヤー、大学等に自動運転技術開発向けにコンピュータから制御可能な車両RoboCarシリーズを販売してきましたが、この度、自動運転技術を用いた将来のモビリティサービスの商業化へ対応する最新モデルRoboCar SUVの発表を行います。

RoboCarシリーズラインナップ


RoboCar SUVは、従来のRoboCarシリーズの特徴はそのままに、これまでのラインナップにはないSUVタイプの車両をベースとしました。RoboCar SUVは、RoboCar HV/PHV/MiniVanと同様に、車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、且つZMP独自のコントローラによってアクセル、ブレーキとステアリングの制御が可能な、研究開発向けの実験プラットフォーム車両です。最大10個のカメラを用いた全周囲センシングや物体検出機能、制御コントローラーの冗長性向上、緊急ブレーキ装置を搭載可能で、自動運転技術の商業化を見据え、開発プラットフォームとしてセンシング機能や安全面の強化に取り組んでおります。

SUV( スポーツ・ユーティリティ・ビークル )は海外のVIP向けタクシーやハイヤーとしても人気があり、東京オリンピック・パラリンピックに向けインバウンド客に対応したモビリティサービスのプラットフォームとしてご活用いただけます。全国各地の実証実験で活用されているRoboCar シリーズと、新たにラインナップに加わるRoboCar SUVにより、お客様の技術開発やサービス開発に貢献してまいります。

RoboCar SUVの詳細については、7月18日より開催される「第10回 ZMPフォーラム」の第1日目(7月18日)に発表いたします。

【RoboCar関連製品】RoboCar Minivan
http://www.zmp.co.jp/products/robocar-minivan
RoboCar MiniVanの特長
​​​​​​​・ 乗員人数や実験機材の積載性を向上したミニバンタイプの実験車両
・ CAN情報取得が可能(速度、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトポジションなど)
・ ZMP独自コントローラによりステアリング、アクセル、ブレーキをプログラムで操作可能
・ 自動制御モードとマニュアルモードの切り替え可能
・ オプションでカメラやレーザレンジセンサ等の外界センサ、大容量バッテリシステム、などを      搭載可

【第10回 ZMPフォーラム 開催概要】
ZMPフォーラム2018  『自動運転の商業化で人とモノの移動を変える』
ZMPは、世の中の技術開発の加速に貢献したいとの想いで、2009年よりZMPフォーラムを毎年開催しております。第10回となる今回は、基調講演として理化学研究所革新知能統合研究センター長杉山将先生にご講演を頂き、その他、各分野の第一人者によるご講演・事例紹介、新製品の発表、ZMPスタッフによる技術紹介などを行います。

開催日時:
   2018年7月18日(水) 10:00~18:00(18:30~ 懇親会)
   2018年7月19日(木) 10:00~17:00(17:00~ 商品デモ&体験会)
   2018年7月20日(金) 10:00~18:00

会場:ベルサール飯田橋 (東京都千代田区 飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル)
参加費:無料(懇親会は有料)

※本サービスに関する発表は、第1日目 7月18日(水)11:30~
     「自動運転プラットフォームRoboCarシリーズ最新モデルの発表」にて行います。

【プログラム詳細】
プログラム詳細:http://www.zmp.co.jp/products/10th_forum
各日のプログラムについて公開しております。(※6月28日時点)

【お申し込み方法】
以下の予約フォームよりお申込みをお願いします。
参加お申し込みフォーム:https://www4.revn.jp/zmpforum2018/
(※競合製品をお取り扱いされている場合など、お断りさせて頂く場合があります。予めご了承ください。)

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

MaaS 向け
自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Delivery
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供します

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ