公道走行テストサービスRoboTestの新サービスロボ・データ・プラットフォームを発表

-データ解析や後処理を効率化する環境やアプリケーションを提供-
-7月20日 第10回ZMPフォーラムにてサービス詳細を発表-​​​​​​​

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、市販車ADAS機能の公道走行テストなどで活用されている計測データの収集サービス「RoboTest」を提供して参りましたが、収集したデータやお客様の保有データへのタグ付け・分析や解析作業を総合的にサポートする新しいプラットフォームサービス「RoboDataPlatform(ロボ・データ・プラットフォーム、以下「RDP」)の発表を、7月20日開催のZMPフォーラム2018にて行います。

本プラットフォームサービスは、ZMPが提供しているデータ計測サービスRoboTestの新しいメニューとして開発されました。本プラットフォームでは、データを解析するためZMPが提供する基本アプリケーションの他、ユーザ自身がアプリケーションを登録し、それら複数アプリケーションを連携してアウトプットを得ることができます。

       ZMPの基本アプリケーションサービスの例(ビジュアライズサービス) 



RDPのサービスシステムイメージ(複数サービスを組合せたアウトプットを得られる)

ZMPが提供する基本アプリケーションは、映像や車両操作データ、GPS、IMUといった走行時のデータを同時に表示するようなビジュアライズアプリ(左図)、車両の操作状態から自動で直進・右左折などのシーン分けを行うアプリ、さらに映像へ自動でラベル付けなどのアノテーションをするアプリなど、取得したデータを効果的に活用するためのアプリケーション群を提供します。

ユーザーは基本アプリケーションに加え、RDP上で提供されるAPIを利用してユーザ独自の分析アルゴリズムを実装したアプリケーションを登録し、ZMPの提供する基本アプリケーションとユーザアプリケーションを組み合わせたり、アプリケーション間でデータを連携し、処理をすることができます(右図)。これによりユーザーは、目的に応じて保有するデータを効率的に処理・分析するツールとして利用することができます。

昨今の自動車のADAS開発や自動運転技術の開発においては、様々なセンサーからの膨大なデータの解析や分析が必要となっており、そのデータ処理や分析のツールが求められています。RDPは、タグ付けなど収集したデータを分析・解析するための様々なアプリケーションを利用できるプラットフォームとなっており、お客様の研究開発の効率化を支援いたします。

本プラットフォームの内容詳細は7月18日より開催される「第10回 ZMPフォーラム」の第3日目(7月20日)にデモンストレーションとあわせて発表される予定です。

【第10回 ZMPフォーラム 開催概要】
ZMPフォーラム2018『自動運転の商業化で人とモノの移動を変える』
ZMPは、世の中の技術開発の加速に貢献したいとの想いで、2009年よりZMPフォーラムを毎年開催しております。第10回となる今回は、基調講演として理化学研究所革新知能統合研究センター長杉山将先生にご講演を頂き、その他、各分野の第一人者によるご講演・事例紹介、新製品の発表、ZMPスタッフによる技術紹介などを行います。
開催日時:
  2018年7月18日(水) 10:00~18:00(18:30~ 懇親会)
  2018年7月19日(木) 10:00~17:00(17:00~ 商品デモ&体験会)
  2018年7月20日(金) 10:00~18:00
会場:ベルサール飯田橋 (東京都千代田区 飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル)
参加費:無料(懇親会は有料)

※本サービスに関する発表は、第3日目 7月20日(金)11:30~
 「市販車ADAS機能の公道走行テストサービスRoboTestの新サービスRoboDataPlatform(ロボ・データ・プラットフォーム)の発表」にて行います。


【プログラム詳細】
プログラム詳細:http://www.zmp.co.jp/products/10th_forum
各日のプログラムについて公開しております。(※6月28日時点)

【お申し込み方法】
以下の予約フォームよりお申込みをお願いします。
参加お申し込みフォーム:https://www4.revn.jp/zmpforum2018/
(※競合製品をお取り扱いされている場合など、お断りさせて頂く場合があります。予めご了承ください。)

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

MaaS 向け
自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Delivery
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供します

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ