ZMP、ブリヂストンと自動運転車両によるタイヤ性能試験 実用化プロジェクトを開始

-2019年に無人自動運転走行(レベル4)によるタイヤ騒音試験の実用化を目指す-


株式会社ZMPは、株式会社ブリヂストンとタイヤ性能試験の一つであるタイヤ騒音試験を自動運転化するための開発プロジェクトを開始しました。現在、ブリヂストン プルービンググラウンド(テストコース)内において有人自動運転走行を達成しており、2019年にはレベル4の無人自動運転走行によるタイヤ騒音試験の実用化を目指しています。自動運転車両は、ZMPの自動運転プラットフォーム車両RoboCar® MiniVanに自動運転ソフトウェア、IZACを搭載。カメラ、LiDARなどの各種センサとプルービンググラウンドの詳細マップを搭載しています。

実車を用いたタイヤ性能試験における課題として、走行経路、スピード、ドライバー条件などより均一な条件が求められますが、自動運転車両の導入により、より一定な条件下でのテストを繰り返し行えることとなります。人のスキル・ノウハウに依存しない自動運転車両を用いた試験を導入することで、性能評価の精度向上・効率化も可能となる技術です。

尚、今回の開発では、前方視野が遮られるバンク部分での自動走行も可能としています。この実現にはバンク部分に設置された3D LiDARから車両を検知し、その信号をバンク進入前に自動運転車両に送信。車両と設置された3D LiDARとの通信によってコース上の安全確認を行った上で走行を可能とする技術を開発いたしました。

本プロジェクトの取り組みは、ZMPがブリヂストンよりタイヤ騒音試験の走行を自動化するための開発委託を受け2017年1月より研究開発を行って参りました。

現在、ブリヂストン プルービンググラウンド内においてレベル3の有人自動運転走行を達成しており、今後実用化オペレーションの構築、2019年には有人運転車両と共存したレベル4の自動運転車両複数台によるタイヤ騒音試験の実用化を目指しています。

将来的には本プロジェクトで得られる知見を、自動運転車両を含めた次世代車両向けのタイヤ開発への活用、また、自動車業界での各性能評価の技術としても活用できるものと想定しております。

今回のプロジェクトに関する詳細は、7月18日(水)~20日(金)開催予定のZMPフォーラム2日目 7月19日(木)11:30より紹介予定です(事前登録制)。

【ZMP RoboCar®関連製品】RoboCar® MiniVan
http://www.zmp.co.jp/products/robocar-minivan

【動画】(日本語)

【動画】(英語)


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDF(日本語)
プレスリリースPDF(英語)

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

MaaS 向け
自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Delivery
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供します

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ