自動運転タクシーサービス実証プロモーション動画公開

-全国のタクシー事業者へ提供してまいります-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、8月27日より東京都心部で実施している、自動運転タクシーによる公道サービス実証のプロモーション動画を公開いたしました。併せて、ドライバー不足の課題を抱える全国のタクシー事業者を対象に、本サービス実証で用いている自動運転システム及びその導入コンサルティングの提供を開始いたします。

本サービス実証は、ZMPが開発した自動運転車両及び配車システムを用い、タクシー事業者として日の丸交通株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:富田和孝、以下 日の丸交通)が自動運転タクシーを運行しています。自動運転車両RoboCar® MiniVanは、トヨタ・エスティマハイブリッドをベースとし、ステレオカメラRoboVision®をはじめとする様々なセンサおよび、自動運転用コンピュータIZAC®を搭載し、周囲の環境を認識しすべての運転操作をコンピュータが行う自動走行を可能としています。配車システムは、お客様が自動運転タクシーを予約し開錠・乗車するためのスマートフォンアプリ、ルートを確認し降車時に決済操作などを行う車内設置のタブレットアプリ、そして、遠隔地で走行を監視する遠隔管理システムから構成されています。ZMPと日の丸交通は、2020年の自動運転タクシーの実用化を目指し、2017年6月より協業を開始しました。日の丸交通の熟練タクシードライバーの走行データの収集や、運転ノウハウのヒアリングなどを通して、自動運転アルゴリズムを改良。交通の流れに沿った自然な走行の実現、乗り心地の向上へとつながりました。

ZMPは、ドライバー不足の課題を抱える全国のタクシー事業者を対象に、本サービス実証で用いている自動運転車両と配車システムの販売、導入に関するコンサルティング、運用・保守、ドライバー教育等の提供を開始いたします。ご導入に関する詳細につきましては、お問い合わせください。

公道サービス実証 プロモーション動画 https://youtu.be/2i8AV3AT5hs


<予約>
お客様はスマートフォンアプリで事前に行先とルートを選び、利用日時を指定、クレジットカードを登録し予約完了します。

<到着・開錠>
予約時間前に自動運転タクシーが到着。アプリでQRコード※をスキャンするとお客様を確認しドアが開きます。(※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。)

<自動運転>
お客様は、車内のタブレットでドアを閉め、ルートを確認後「OK」を押すと、自動運転タクシーが目的地までお届けします。ハンドル、アクセル、ブレーキ、すべての運転操作はコンピュータが行います。(交通状況等により人が介入する場合があります)

<到着・決済>
目的地に到着。お客様が、タブレットで到着の確認を行うと、決済が完了。ドアが自動で開き降車します。

<実証実験概要> https://www.zmp.co.jp/aidelitaxi

日時:2018年8月27日(月)~ 同年9月8日(土)9:00 ~ 17:00(予定)
※9月2日(日)を除く。天候や交通状況等により運行中止の可能性あり。
実験経路:大手町フィナンシャルシティ グランキューブ~六本木ヒルズ間(約5.3km)のルート
※大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(住所:東京都千代田区大手町1-9-2)
※六本木ヒルズ(住所:東京都港区六本木6-10-1)
運行車両:ミニバンタイプ 1台 (センサー・PCを取り付けた自動運転実験車両)
運行回数:1日8便(予定)
料金:片道1,500円(税込)
主催:日の丸交通株式会社、株式会社ZMP
協賛・協力:三菱地所株式会社
協力:森ビル株式会社

※本実証実験は、自動運転技術の実用化を一層加速するために東京都が本年度より開始した支援事業『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、国と東京都が共同で設置する『東京自動走行ワンストップセンター』の支援を受けて実施されています。

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ