自動運転タクシーに小池百合子東京都知事が試乗

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)と、日の丸交通株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:富田和孝、以下 日の丸交通)が2018年8月27日(月)から9月8日(土)に実施した自動運転タクシーによる公道営業実証実験の9月5日(水)の走行へ小池 百合子東京都知事にご乗車いただきました。大手町を出発し六本木へ向かう約5.3kmのルートを約20分かけて自動運転走行を行いました。

乗車後のインタビューでは、「大変、安全運転でした。重要な社会基盤の一つに育っていけば」というコメントをいただいております。


自動運転タクシー車両


乗車後にインタビューを受ける小池都知事

本実証実験は、ZMPが開発した自動運転車両RoboCar® MiniVanを用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行いたしました。ルートは、大手町フィナンシャルシティグランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ約5.3kmで、需要の多い都心部路線でのドライバー不足の解消等の活用策や、ICT技術を活用した配車サービスを検証を目的としています。

本実証実験は、自動運転技術の実用化を一層加速するために東京都が本年度より開始した支援事業『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、国と東京都が共同で設置する『東京自動走行ワンストップセンター』の支援を受けて実施いたしました。

ZMPと日の丸交通は、2020年の自動運転タクシーの実用化を目指し、2017年6月より協業を開始しました。熟練タクシードライバーの走行データの収集や、運転ノウハウのヒアリングなどを通して、自動運転アルゴリズムを改良。交通の流れに沿った自然な走行の実現、乗り心地の向上へとつながりました。日の丸交通ドライバーは、自動運転車両の操作を座学とテストコースで習得、安全な走行をサポートします。また、ZMPは自動運転タクシー用の配車システムを開発。お客様が自動運転タクシーを予約し乗車するためのスマートフォンアプリ、ルート確認、降車時の決済操作などを行う車内タブレットアプリ、そして、遠隔地で走行を監視するシステムを構築し、スムーズなタクシーサービスの運営をサポートします。

両社は、本実証実験の成果を踏まえ、自動運転タクシーの実用化を目指して技術及びサービスの検証を進めてまいります。

【日の丸交通株式会社】 https://hinomaru.tokyo/

日の丸交通株式会社は、68年の歴史を持つ日の丸自動車グループの中核企業として、タクシー事業を展開しております。「腕よりも心で運転」をビジョンとし、タクシー業界に様々なイノベーションを起こし、安全とサービスの両立を目指しております。近年、急増するインバウンドと懸念される人手不足へのアプローチとして、「テクノロジー」「ダイバーシティ」「ヘルスケア」という三つのテーマを推進し、公共交通機関の一翼を担うタクシー業界の発展に貢献して参ります。


【関連サービス】
MaaS向け自動運転支援サービス



【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ