物流支援ロボット CarriRo® FD、2019年モデル受注開始

-更なる安定した追従性能、及び障害物センサ機能を改良-
- 本体価格は3.4万円(5年リース時)から、2019年3月末より出荷開始-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は物流支援ロボットCarriRo®(キャリロ)FD(追従モデル)の2019年モデルの受注を本日より開始しました。



CarriRo® FD(2019年モデル)

2019年モデルは、従来の2018年モデルと比べて、以下のとおり改良されています。
・ 追従制御を見直し、更なる安定した追従走行を実現
・ 前方障害物センサを改良し、より精度が高く検知範囲を上げるとともに、接触センサが標準搭載
・ これまでCarriRo® ADのみの対応であった、英語・中国語の海外言語対応が標準搭載

これにより作業者の方が、より直感的にCarriRo®を操作できるようになり、またソフトスタート・ストップの性能も上がったことにより、発進・停止時の荷物への負荷が従来のモデルよりも圧倒的に減りました。また障害物センサの安全性が大きく向上するとともに、海外言語対応となることで、従来モデルよりもご活用いただける現場が広がります。
価格は5年リースで月額34,000円/台からとなり、2019年3月末より出荷を開始いたします。本モデルについては、2019年2月以降開催される全国導入説明会にてご覧いただけます。


【物流支援ロボットCarriRo®(キャリロ)】
CarriRo®はジョイスティックによる操作ができるドライブモードおよびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモード、及び自律移動機能を有した台車型物流支援ロボットです。CarriRo®の機能を活用することで、運搬の生産性を最大約3 倍まで引き上げることが可能です。CarriRo®単体で最大150kg、オプションの牽引治具を取り付けることで約300kg の荷物を運ぶことができ、倉庫や物流センター内のピッキング業務の効率化や、工場内の工程間搬送に利用することでベルトコンベアやAGV(無人搬送車)を代替することも可能です。販売開始から累計100 ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

【製品Web URL】 https://www.zmp.co.jp/carriro/

【製品価格】 
CarriRo® FD(2019年モデル(追従機能)):5年リース 月額34,000円(税別) / 1台
CarriRo® AD(自律移動モデル):5年リース 月額52,000円(税別) / 1台

【主な仕様】

本体重量
55kg
牽引力

250N (300kg相当) ※路面状況や台車の状況によります。

大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm ※ハンドル部96cm

充電時間
2時間半
最大積載荷重
150kg
稼働時間

8時間 ※稼働状況によって異なる可能性があります。

最大速度

時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ