ZMP World 2019で7月25日記者発表 中国事業展開に向けて、合弁会社設立を基本合意

-ZMPグローバル展開の一環として、中国事業を本格立ち上げ-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、中国での本格的な事業展開を目指して中国に合弁会社を設立することで、Jie Chen氏らと基本合意しました。

ZMPのミッション「ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」は、日本だけにとどまらずグローバルで求められており、ZMPは今後事業をグローバルに展開していきます。その中で中国は2017年には世界のGDPに占める割合は15%まで拡大し、グローバル展開において重要な位置づけにあります。

その中国での事業展開を目指し、本合弁会社はまずはZMPの物流支援ロボットCarriRo®の中国での販売・保守から事業を開始します。さらに宅配ロボットCarriRo® Deli、自動運転バスをはじめとする、さらなるZMPの商品・サービスの中国市場への展開も行っていきます。また将来的には合弁会社における新商品・サービスの開発も検討していきます。

本合弁会社は、中国と日本の最先端技術に詳しいJie Chen氏らとパートナーを組むことにより、中国でのこのミッションの実現に向けて取り組んでいきます。
Jie Chen氏は、1980年代末に国費留学生として日本で留学し博士学位を取得後、日本企業と国立大学副教授を務めた経験があり、また中国に戻ってからは国立研究所の主任教授などを務め、信号処理、SOC設計及び自動運転技術などの研究開発を従事しています。

なお本合弁会社設立については、2019年7月23日から7月26日に開催するZMP World 2019の中で、Jie Chen氏と共同記者発表を行います。

Day3: 7月25日 (木) 記者発表
・10時50分~11時10分 
ZMPのグローバル展開 中国での事業展開
Institute of Microelectronics, Chinese Academy of Sciences Deputy CTO Professor Jie Chen氏
(株)ZMP 代表取締役社長 谷口 恒


【ZMP World 2019開催概要】 

https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019



【プレスリリース記事】
プレスリリースPDF(日本語)
Press Release PDF(Chinese)

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ