ZMP World 2019で7月26日記者発表 JALの協力により、トーイングトラクター自動走行実証実験に参画

-成田国際空港制限区域内にて実験予定-


業務中のトーイングトラクターイメージ(JAL提供)

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、丸紅株式会社と共に設立した合弁会社であるAIRO株式会社(以下、「AIRO」)として、日本航空株式会社(以下、「JAL」)の協力により、トーイングトラクター自動走行の実証実験に参画します。

訪日外国人旅客数は増加の一途をたどり、日本政府は2020年までにインバウンド年間4,000万人達成を目標としています。その一方で、航空発着便数の拡大による需要拡大に伴い、航空機の運航に必要な空港での地上支援業務の生産性向上は、喫緊の課題となっています。
これらの社会課題への解決に向け、国土交通省航空局主導の下、官民一体となって航空イノベーションを推進しており、AIROは2018年度は国土交通省主催の人員輸送の自動走行実証実験へRoboCar® MiniVanやRoboCar® Mini EV Busを活用して参画いたしました。

今年度も引き続き、AIROは同じく国土交通省主催の貨物輸送の自動走行実証実験に参画することが決定しました。その一つとして、JAL協力の下、成田国際空港にて、JALが実運用でトーイングトラクターを利用しているルートを自動走行する実証実験に2020年1月~2月に期間内で参画します。

なお実証実験の詳細については、2019年7月23日から7月26日に開催するZMP World 2019の中でご紹介すると共に、JALグランドハンドリング企画部 部長である手島 康浩氏にも登壇いただき、自動走行含めた自動化へのJALの取り組みと、AIROに対する期待を語っていただきます。

Day4: 7月26日 (金) 10時30分~11時
記者発表「空港におけるトーイングトラクターの自動運転化」

日本航空株式会社 グランドハンドリング企画部 部長  手島 康浩
株式会社ZMP 取締役 事業統括 市橋 徹


【お申し込み方法】


以下の予約申し込みページよりお申込みをお願いします。
参加お申し込みページ:https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019/yoyaku
※競合製品をお取り扱いされている場合など、お断りさせて頂く場合があります。
予めご了承ください。

【ZMP World 2019開催概要】 

テーマ:『R&Dから量産化へ -ZMPが起こすロボリューション-』
開催日時:2019年7月23日(火)~26日(金)10:00~18:00
会場:ベルサール飯田橋ファースト (東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワー)
参加費:無料(懇親会は有料となります)
特設ページ:https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ