無人化ロボ「DeliRo™ (デリロ)」「RakuRo™ (ラクロ)」「PATORO™ (パトロ)」 導入説明会を開催!

-導入検討事業者向けに分かりやすく導入ステップをご紹介-
-RakuRo™(ラクロ)は公道(歩道)での体験試乗も実施-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、自動走行する小型ロボットシリーズである宅配ロボDeliRo™(デリロ)、一人乗りロボRakuRo™(ラクロ)、警備ロボPATORO™(パトロ)の、事業者様向け導入説明会を開催いたします。

今回の導入説明会は、より多くの企業様に導入をご検討いただく機会として、製品機能や導入のステップなどを詳しくご紹介する他、RakuRo™ (ラクロ)についてはZMPオフィス周辺の歩道で試乗頂くことで、実際に自動運転モビリティを体感していただくことも可能です。

​​​​​​​これらのモビリティは、すべて早期の実用化を目指す、人が歩く速度程度の低速自動運転モビリティです。

ZMPが自動運転車両の開発で培った高度な自律移動技術を応用し、周囲環境を認識しながら走行経路上の人や自動車など障害物を検出し、停止や回避など適切な移動制御を行います。

また、親しみやすい独自のデザインにより、すれちがう人にも笑顔や声でコミュニケーションを行うことにより、人との共存を実現します。

【宅配ロボDeliRo™ (デリロ)とは】
物流のラストワンマイルの課題解決や日々の買い物支援など、新たなライフスタイルを創造する宅配ロボットです。積載量は最大50kgに対応し、配送物や飲料など、多様な利用シーンや配送ニーズに対応していきます。スマートフォンでの注文、配達通知、開錠などの機能も有しています。

【一人乗りロボRakuRo™ (ラクロ)とは】
これまでにない全く新しい移動のパートナーであり、利用者は備え付けのタブレットで簡単に行き先を指定するだけで、目的地まで安全に自律移動します。

インバウンド増加や高齢化による人材不足等の社会課題が大きくなる中、空港や駅などの大規模施設、ショッピングセンターなどの商業施設、ホテル・リゾート施設、観光地等において、公共交通のすき間を埋める移動サービス、案内サービスとしての活用を広げていきます。

【警備ロボPATORO™ (パトロ)とは】
ラインナップで最もコンパクトなため屋内での小回りも効くロボットとなり、カメラによる映像監視や記録、騒音や異常音の検知、警告、火災検知など、周辺監視や巡回警備等に必要な機能を搭載し、2020年度にサービス開始予定です。ビル管理、施設管理、地域の見回りなどでの活用が期待できます。

​​​​​​​ZMPは、今後これらの低速自動運転ロボットが新たな社会インフラサービスの一環となることを目指し、量産化に向けて取り組んで参ります。


【開催時期】​​​​​​​
2020年3月9日(月)~3月31日(火)  
開催時間などの詳細につきましては、適宜ご相談を受け付けますので、下記電話番号・メールアドレス宛にご連絡下さい。
株式会社ZMP ロボライフ事業部 営業担当まで
TEL:03-5844-6210 / E-Mail: info@zmp.co.jp
導入説明会ページ: https://www.zmp.co.jp/lrb/intro-session​​​​​​​

【製品ページ】

宅配ロボDeliRo™ (デリロ): https://www.zmp.co.jp/products/lrb/deliro
一人乗りロボRakuRo™ (ラクロ): https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro
警備ロボPATORO™ (パトロ) : https://www.zmp.co.jp/products/lrb/patoro


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

ZMP World 2020

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ