最新MEMSソリッドステート型3D-LiDAR “RS-LiDAR-M1” 予約販売を開始

-計測距離120m、視野角120度×25度に対応、1台25万円で提供!-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、Robosense社(深圳市)が自動運転車両の量産化時代に向けて開発している最新MEMSソリッドステート型3D-LiDAR “RS-LiDAR-M1”の予約販売を開始します。昨年11月に台数限定で試用販売を実施した製品の普及版になります。

 ■高精密


図1.走行画像イメージ

RS-LiDAR-M1は、2021年に車載グレード取得を目指しています。今回提供する製品は車載グレードではありませんが、125ビーム、測定距離120m@10%(米国NIST基準)、15FPS、測定視野120度×25度の高精細LiDARです。

■コンパクト


図2.車載イメージ

回転式LiDARと比べて信頼性、低価格、車体への組込みの容易性に優れています。
大きさは、縦12㎝×横11㎝×高さ5㎝とコンパクト。

■ご活用メリット
超広角視野対応LiDAR(例、RS-Bpearlほか)と組み合わせて自動運転レベル2以上の自動車、タクシー、バス、トラックなどの実用化に向けた実証実験のほか、ADAS技術向上にもご活用いただけます。

■価格・納期
価格:25万円(税抜・送料別)
納期:2020年6月以降
※受注順に納品しているため、注文状況により遅れる場合があります。

■RS-LiDAR-M1の仕様
本製品はハードウェア及びポイントクラウド生データの出力に対応しています。
現在開発中の次期モデルはソフトウェアを組込み、物体検出、走行可能領域表示などの機能が加わる予定です。

<センサー仕様>

ビーム波長
905nm
レーザークラス
Class 1
計測精度
±5cm
計測距離
120m on 10% 米国NIST基準
垂直方向視野角
-12.5°~+12.5°
垂直方向分解能
0.2°(平均)
水平方向視野角

-60.0°~+60.0°

水平方向分解能
0.2°(平均)
サンプリングレート
15 FPS
消費電力
~28w
作動温度
-20℃~+65°
本体寸法
W:110 x H:50 x L:120 mm
本体重量
0.8kg

製品ページ:https://www.zmp.co.jp/products/sensor/3d-lidar/rslidar/rs-m1

※計測動画あり


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。


【高画質画像】

図1.走行画像イメージ
図2.車載イメージ

『ラクロシェアリングサービス』始まる!無料申し込み受付中!

Robotown

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ