超高精細128レイヤー 3D-LiDAR “RS-Ruby” を販売開始

-自動運転レベル4・レベル5向け、計測距離200m、最小角度分解能0.1°-


超高精細128レイヤー3D-LiDAR RS-Ruby

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、RoboSense社(深圳市)が自動運転レベル4・レベル5を実現するために必要な高速走行時の物体検知を実現するために開発・量産化した超高精細128レイヤー3D-LiDAR “RS-Ruby”の販売を開始しました。

計測距離200m@10%反射率、最小角度分解能0.1°(垂直方向)


RS-Ruby 計測イメージ

32レイヤーのRS-LiDAR-32(最小角度分解能0.33°)と比較すると約3倍の解像度、最大障害物検出距離も2~3倍と、高速自動走行にかかる厳しい要求水準を達成しています。RS-Rubyは垂直視野角の中央部分 ‐6.39°から +3.81°の間に100レイヤー以上のレーザーが射出できるように設計されているので、車両の姿勢変化が大きい粗い路面を走行する場合でも車両前方の対象物を計測することができます(傾斜角3°以下)。


10mから200mにおけるバス車両形状の点群情報


反射率によって物体や色を識別


RS-Rubyが計測する反射率情報により取得された壁画の情報

RS-Rubyは、白線はもちろん道路標識や壁画までも、反射率から得られる情報により安定的に識別することができます。

超高精細3D-LiDAR RS-Ruby製品ページ
https://www.zmp.co.jp/products/sensor/3d-lidar/rslidar/rs-ruby

価格・納期
価格:お問い合わせください
納期:6~7週間

RS-Rubyの仕様

レイヤー数
128
ビーム波長
905nm
レーザークラス
Class 1
計測精度
±3cm
最大障害物検出距離
200m(反射率10%の物体について)
垂直方向視野角
-25°~+15° (40°)

垂直方向角度分解能

0.1° ~
水平方向視野角
360°
水平方向角度分解能
0.2°/ 0.4°

サンプリングレート

10Hz / 20Hz
消費電力
45w
作動温度
-30℃~+60℃
本体寸法
H:148.5mm x Φ:166mm
本体重量
3.7kg



【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。


​​​​​​​【高画質画像】
超高精細128レイヤー3D-LiDAR RS-Ruby
RS-Ruby 計測イメージ
10mから200mにおけるバス車両形状の点群情報
RS-Rubyが計測する反射率情報により取得された壁画の情報

WEB相談サービス!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ