無人フォークリフトCarriRo® Fork、鴻池運輸が報道陣に公開

―採用の決め手は導入・操作の容易さ。今後垂直搬送機と連携させ、現場へ投入―

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)が販売している無人フォークリフトCarriRo® Fork(ウォーキータイプ)は、鴻池運輸株式会社(大阪市中央区、代表取締役兼社長執行役員 鴻池忠彦、以下、鴻池運輸)において、2020年5月より、導入に向けた実験を継続実施されていましたが、3月3日、鴻池技術研究所イノベーションセンター(東京都品川区、以下、技研IC)内の物流現場を再現した実験場で、これまでの実験で調整を重ねてきた同機の動作の模様が、報道陣に公開されました。

CarriRo Forkは現在、ピッキング終了後の検品を完了させ、出荷できるパレットを垂直搬送機に載せて出荷するプロセスを当施設で再現しています。今後、鴻池運輸では導入現場での環境構築や業務構築、動作精度・速度、安全性、人や他の装置との共存の可能性について引き続き検証及び確認を行ったうえで、現場への導入を進めます。

鴻池運輸 技研ICでは、CarriRo Forkの採用の理由として「CarriRo Forkは導入・操作が容易であること」「ZMPの開発や対応の速さ」、そして「ZMPの自動運転技術の今後の応用や発展」をあげられています。

また、ZMPでは動作間のさらなるスピードアップ、現場の作業者でも可能な簡便な走行ルートの設定や修正の機能、そしてパレット認識機能「ForkEye」を活用したトラックの自動での積み下ろしの実用化に向けて、鴻池運輸をはじめ物流各社と共同で取り組みを行う予定です。


【無人フォークリフトCarriRo® Forkについて】


無人フォークリフトCarriRo Forkは、ZMPがこれまで自動運転開発で培ってきた、自動運転技術を活用して開発された製品です。フォークリフトのベース車両には、Linde Material Handling社製の機体を使用しています。フォークの自動運転には、「レーザー誘導型」の方式を採用しており、動作精度±10~20mmを実現しています。これにより、物流倉庫や工場内の搬送作業のパレット搬送を自動化、省人化することが可能になります。簡単なセットアップで作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現できることが特徴で、喫緊の課題となっている労働力不足を軽減し、社会課題の解決に貢献します。

【CarriRo Fork製品ページ】
https://www.zmp.co.jp/carriro/carriro-fork

【CarriRo Fork価格】
CarriRo Fork(ウォーキータイプ):5年リース  月額22.6万円(税別)
CarriRo Fork(リーチタイプ):5年リース  月額33.8万円(税別)
※買取も可能です。また価格は今後予告なく変更となる可能性があります。


​​​​​​​【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

​​​​​​​

7月19日~30日 ZMP World 2021 Demo Week開催中!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ