テストコース向け自動運転システム「カートモⓇ」受注開始

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、テストコース向け自動運転システム「カートモ」の受注を開始いたしました。


テストコース自動運転システム 車両&搭載センサー例

自動車や部品メーカーにて、製品の性能評価・開発のため実車走行試験を実施している中、長時間の走行によるテストドライバーの労働負荷や人材不足も顕著になってきており、本業務の省人化が課題となっています。

本システムは、ZMPの自動運転車両RoboCarⓇシリーズに各種センサー、自動運転コンピューターIZACⓇを搭載し、テストコース上を自動走行させることが可能なシステムです。あらかじめ走行パターンを設定することで、運転操作なしで車両を走行させることができます。運転席にドライバーのいる有人状態での走行に加え、ドライバーのいない無人状態での走行にも対応が可能です。基本となる自動運転システムに加え、お客様のセンサー等を追加し、車両情報と同期して記録できるロガーの構築も可能です。また、導入に際しては、テストコースの自動運転マップの作成、テストシナリオの作成と実装といったサポートもいたします。利用可能な車両としては、小型EVバスRoboCar Mini EV Bus、SUVタイプRoboCar SUV、ミニバンタイプRoboCar MiniVanの3種類をラインナップ、開発・評価の目的や業務内容に沿ったシステムの構築が可能です。

テストコースにおいても、自動運転システムによる走行にも高度な安全性確保が求められます。ZMPでは、自動運転タクシーによる都心部の複雑な交通環境での実証をはじめとし、様々な環境での自動運転実績があり、これらの取り組みにより蓄積された技術と知見をベースに、リスクアセスメントを実施し安全な走行を実現致します。

本システムにより、テストコースでの走行業務における、ドライバー不足への対応、走行の負荷軽減が可能となります。また、コンピュータによる自動運転により、ドライバーの属人性を排除した走行が可能となり、テスト条件の再現性向上など、開発・評価業務の効率化が期待できます。

【テストコース向け自動運転システム「カートモ」紹介ページ】
https://www.zmp.co.jp/products/izac/car-tomo

【販売価格】
テストコースでの走行業務の内容により、別途お見積りいたします。お問い合わせください。


【自動運転車両RoboCarシリーズ】
https://www.zmp.co.jp/products/robocar
RoboCar は、プログラム制御により走る、曲がる、止まる等の制御が可能な、自動運転技術を開発するための車両プラットフォーム(ロボットカー)です。ZMPでは、自動運転車両のプラットフォームとして実車タイプでミニバン、SUV、バスの3車種をご用意しております。



RoboCar Mini EV Bus
お問い合わせください



RoboCar SUV
2,200万円(税別)



RoboCar MiniVan
1,800万円(税別)

 ※RoboCarシリーズ以外の車両を用いた自動運転システムの構築につきましては、お問い合わせください。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます


【高画質画像】
テストコース自動運転システム 車両&搭載センサー例

ラクロに乗って姫路観光しよう!絶賛予約受付中!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ