4眼ステレオカメラRoboVisionⓇ3 車両検出パッケージ受注開始

―基線長230mm、検出距離80m、最大10台までの車両検出可能―


4眼ステレオカメラ RoboVision3(車載イメージ)


車両検出画像サンプル
(左:ステレオカメラ出力画像、右:検出結果イメージ)

この度、株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、4眼ステレオカメラRoboVision3を用いた「RoboVision3 車両検出パッケージ」の受注を開始致します。

現在 ADAS・自動運転開発、またロボット開発において、LiDARよりも安価に量産が可能なカメラを使用した環境認識が注目されており、特にカメラだけで距離を算出できるステレオカメラが研究開発でも活用されています。

本製品は RoboVision3のソニー製高感度CMOSイメージセンサーIMX390で取得したステレオ画像データを元にディープラーニングにより車両を検出、距離を出力するシステムとなります。

主な機能として検出した車両までの相対位置(検出ID、X:距離、Y、Z、物体サイズ)情報を出力します。検出可能な距離は3m~80mで、前走車検出で使用した場合約80km/h程度の速度域での活用も可能になります。

本製品は、RoboVision3と車両検出ソフトウェア、専用PCで構成され、Ethernetでの出力が可能です。ソフトウェアをインストールし、キャリブレーションした状態で納品しますので、納品後すぐに現在開発をしている自動運転システムへの統合や、データ取得を実施してアルゴリズム検証に使用することが可能です。

価格は、RoboVision3本体と合わせて290万円(税抜)で本日より受注を開始し、2021年8月の出荷を予定しております。 

なお本製品の具体的な機能や仕様などは2021年7月13日から15日まで開催するZMP World 2021にて発表致します。

【自動運転用ステレオカメラ RoboVision3概要】


4眼ステレオカメラRoboVision3

RoboVision3は、ソニー製の車載向け高感度CMOSイメージセンサー「IMX390」を採用し、最大距離150メートル、水平画角110°と長距離で広い視野を持つ4眼ステレオカメラです。

IMX390はHDRとLED信号のフリッカー抑制の同時処理が可能で、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転技術で重要となる「認識」や「判断」の大幅な技術向上が期待できます。

【価格】
■RoboVision3 本体 150万円(税抜)
(ステレオカメラユニット、フレームグラバユニット、ソフトウェア開発環境(SDK))

【オプション製品】
■RoboVision3 PC 60万円(税抜)
■RoboVision3車両検出パッケージ 140万円(税抜)
(パッケージソフトウェア、専用PC)

【RoboVision3 製品URL】
​​​​​​​https://www.zmp.co.jp/products/sensor/robovision/robovision3


【ZMP World 2021 開催概要】 

テーマ:『ロボットを社会インフラへ』

ZMP World 2021 (セミナーイベント)
開催日時:  2021年7月13日(火)~15日(木)10:00~18:00 

ZMP World 2021 デモウィーク
開催日時:  2021年7月19日(月)~30日(金) 10:00~18:00
会場: 株式会社ZMP 小石川オフィス
〒112-0002 東京都文京区小石川5-41-10 住友不動産小石川ビル 他

参加費:無料
イベントページ:https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2021


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

7月13日~15日開催!ZMP World 2021 絶賛参加予約受付中!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ