脱炭素化へ 自動運転トラックRoboCar® EV Truck先行受注開始

-工場・物流施設・空港・港湾など構内搬送の自動化へ-


RoboCar EV Truck
※写真は開発中のイメージです

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は本日、工場・物流施設・空港・港湾など構内搬送の自動化を実現する、自動運転EVトラックRoboCar EV Truckの先行受注を開始致しました。

ZMPは、2014年より公道での自動運転を開始、交通量の多い都心部での自動運転タクシーサービスなどで技術・サービスの実証を進めるととともに、空港やテストコース等の私有地において無人自動運転実用化を進めております。これまでミニバンタイプのRoboCar MiniVan、SUVタイプのRoboCar SUV、11人乗り小型EVバスRoboCar Mini EV Busを展開しておりましたがこの度、積載量2トンの中型EVトラックをベースとした自動運転トラック「RoboCar EV Truck」がラインナップに加わります。

RoboCar EV Truckは、全長約6m、積載量2トンの自動運転電気自動車(EV)トラックです。1回の充電で約225km走行が可能な株式会社EVモーターズ・ジャパン製EVトラックをベース車両とし、ZMPが構内での自動運転を実現するためのセンサー及び自動運転コンピュータ「IZAC」を搭載し自動運転EVトラックトラックとして提供致します。構内搬送トラックはディーゼル車・ガソリン車が主流ですが、本車両はEVであるため、脱炭素化に貢献が可能であり、自動運転機能により搬送業務の省人化、効率化が可能となります。

RoboCar EV Truckは、本格受注に先立ち本日より先行受注を開始、お客様からのご要望を受けて仕様を協議の上製造を予定しております。

自動運転EVトラック RoboCar EV Truck
https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-ev-truck


【主な仕様(予定)】

項目
仕様
サイズ(全長×全幅×全高)
5,995×2,098×2,645mm
積載重量
2t
車両重量
2,730kg
車両総重量
4,775kg
最高速度
100km/h(手動運転時)
航続距離
225km(使用条件による)
バッテリー
リチウムイオン
充電時間

2時間(急速時)

※RoboCar EV Truckのベース車両は、株式会社EVモーターズ・ジャパン製となります。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます


【高画質画像】
RoboCar EV Truck※写真は開発中のイメージです

ラクロに乗って姫路観光しよう!絶賛予約受付中!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ