脱炭素化を推進する自動運転EV導入相談会開催

-小型EVバス&EVトラック。最適なご導入プランをご提案-


RoboCar Mini EV Bus


RoboCar EV Truck
※写真は開発中のイメージです。

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、脱炭素化を推進する自動運転EV車両の導入を検討されている事業者や自治体の皆様に向け、オンライン導入相談会を開催いたします。

現在「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」という政府の宣言のもと、自動車のEV化が急速に進んでいます。さらに日本国内での労働人口減少を受け、省力化・省人化が求められています。

ZMPでは2014年より公道での自動運転を開始し、交通量の多い都心部での自動運転タクシーサービスなどで技術・サービスの実証を進めるとともに、空港やテストコース等の私有地において無人自動運転実用化を進めております。自動運転技術を搭載したEV車両として小型EVバスのRoboCarⓇ Mini EV BusとEVトラックRoboCar EV Truckをラインナップ。脱炭素化と、自動運転機能による業務の省人化、効率化に貢献いたします。後付けで自動運転機能を搭載することができるベースEV車両のみでの導入や、複数台での導入パッケージなど柔軟な導入プランなど、皆様のご要望に応じた最適な導入プランをご提案致します。


【導入相談会概要】
脱炭素化を推進する自動運転EV導入相談会

■日時:
①  2021年8月23日(月)17:00-18:00
②  2021年8月24日(火)17:00-18:00
③  2021年8月25日(水)15:00-16:00
④  2021年8月26日(木)11:00-12:00
⑤  2021年8月30日(月)17:00-18:00
⑥  2021年8月31日(火)13:00-14:00

■形式:オンライン(Web)

■参加費:無料

■申込方法:
以下のメールアドレスへ、ご希望日時①~⑥を記載の上、ご連絡ください。
ZMP ロボリューション事業部 salesアットマーク(@にご変換ください)zmp.co.jp
※各日お申し込みは先着順とさせていただきます。また、上記日程でご都合の合わない方はお問合せの際にご相談ください。


【自動運転EVトラック RoboCar EV Truck】
製品URL:https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-ev-truck

RoboCar EV Truckは全長約6m、積載量 2トンの自動運転電気自動車(EV)トラック。1回の充電で約225km走行が可能なEVトラックをベース車両とし、自動運転を実現するためのセンサー及び自動運転コンピュータ「IZACⓇ」を搭載し自動運転 EV トラックとして提供致します。


【自動運転小型EVバス RoboCar Mini EV Bus】
製品URL:https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-mini-ev-bus

RoboCar Mini EV Busは11人乗り(運転席含)の小型EVバスをベース車両として、センサー及び自動運転コンピューター「IZAC」を搭載し自動運転小型EVバスとして提供致します。ロボットクラウドシステムROBO-HIⓇとの連携により、遠隔監視や遠隔指示などのフリートマネージメントサービスなどにも対応しております。空港制限区域内での実証実験も実施しており、私有地内での移動用自動運転バスとしてご活用いただけます。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

物流支援ロボットCarriRo 全国『デモキャラバン』開催!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ