自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCarⓇ 1/10X MATLAB/Simulinkとの連携オプション販売開始


RoboCar 1/10X

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、MATLAB/Simulinkへ対応可能とする、自動運転/AI技術開発用ロボットカーRoboCar 1/10Xのオプション製品「RoboCar 1/10X MATLABコネクション2021」の販売を開始します。

RoboCar 1/10XはNVIDIA Jetson Xavier開発キットを採用し、ロボット用オープンソースソフトウェアROS(Robot Operating System)に対応した実車1/10スケールのロボットカーで、昨年12月の販売開始以来、自動運転・AI技術の開発や研修・教育用途で自動車/部品メーカー、大学等の研究教育機関にて導入いただいております。

「RoboCar 1/10X MATLABコネクション2021」には、MATLAB/SimulinkとRoboCar 1/10Xを接続するためのライブラリと、経路設計を行うための車両モデルが含まれます。本製品でMATLAB/SimulinkプログラムからRoboCar 1/10Xを制御することでMATLAB/Simulink上での経路設計やシミュレーション確認及び実機との比較が可能となります。例えば、自動駐車や車線変更、障害物回避などの自動走行の研究開発の場合、目標の位置と向きに従い最適(ハンドル操作がスムーズかつ横Gの少ない)な経路を算出し、車両二輪モデルを用いてMATLAB/Simulinkにより操舵角の推定を行います。この操舵角に基づきMATLAB/Simulink上でのシミュレーションを行うことができ、計画した経路とシミュレーション結果との比較や、その差異に基づく経路制御が可能となります。同じMATLAB/SimulinkプログラムによりRoboCar 1/10Xの実機の動作が可能なため、シミュレーションおよび実環境でのセンサーデータを用いた実験を効率的に行うことが可能となります。

本製品の価格は200,000円(税別)で、本日より受注を開始します。


Simulinkモデル


センサー値取得イメージ


【自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCar 1/10X】
製品ウェブサイト:https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-110x

RoboCar 1/10シリーズは自動車の1/10スケールの車両に、単眼カメラ、前後にLiDAR、加速度・ジャイロセンサー、エンコーダを搭載しています。また、各種センサー情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。これらを用いて自由にアプリケーションを開発することができるオープンハードウェアです。


【製品仕様】

※本製品仕様は予告なく変更の可能性があります。

本体

本体側ソフトウェア

付属品
ジョイスティックコントローラ、制御用/駆動用バッテリー充電器


【製品価格】
RoboCar 1/10X:通常価格 180万円(税別)/アカデミック価格 144万円(税別)
(ソフトウェア開発環境(SDK)付属)
レンタル価格:15万円(税別)/月<期間1ヶ月から対応>

RoboCar 1/10X MATLABコネクション2021:20万円(税別)
(すでにRoboCar 1/10Xをお持ちの方向けのオプションです)
※上記価格にMATLAB/Simulinkのライセンス費用は含まれません。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

物流支援ロボットCarriRo 全国『デモキャラバン』開催!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ